月別アーカイブ: 2017年4月

激闘を彩る曲たち~スタジアムBGMやチャント~

170427yamp大観衆の声援に加え、アルウィンでの選手たちの激闘を彩るのが、さまざまな音楽だ。試合の前後に流れるBGMや、サポーターが歌うチャント(応援歌)はどのように選ばれているのか。関係者に聞いた。
アルウィンで流れるBGMを選ぶのは、クラブ運営会社の上條友也副社長(60)、演出担当で広告会社アドソニック松本支社の三村敦さん(37)、ディレクターで映像制作などのワーナックス(松本市大手4)代表・大野善裕さん(41)。毎試合かかる“定番”を時系列で紹介してもらおう。
先行・一般入場開始時はJ’S THEME。Jリーグ開始時(1993年)からある曲だが、近年はスタジアムで耳にする機会は少ないという。山雅では「やっとたどり着いた舞台への思いを込めて」(大野さん)、J2入りした2012年から使っている。
同じくJリーグを象徴する曲THE GLORY/Jリーグ・アンセムは、審判団やボールパーソン、担架隊などの紹介時に。「試合を支える人たちに敬意を」(三村さん)との思いという。
対戦相手の選手紹介はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」からDECISIVE BATTLE。作中で人類の敵とされる「使徒」の襲来時に使われ、同作の舞台の「第2新東京市」が松本市という設定にもちなんだ。“人類の敵”になぞらえられた相手サポーターの反響が大きいそうだ。
山雅の選手紹介の前に観客の手拍子に合わせて流れるのは、ジョー・サトリアーニのCrowd Chant。テレビ東京系「カンブリア宮殿」オープニングテーマ曲としても使われている。
今季、選手紹介の映像に使われているのはBLUESTAHLIのSecret AgentBusiness。映像の雰囲気も曲から決めたといい、「ハードボイルド、スリリングといったキーワードが思い浮かび、『ルパン三世』のようなテイストをイメージした」(大野さん)。
選手紹介の映像はサポーターが注目するため、使えそうな曲を1年かけてストックし、じっくり選ぶという。
ハーフタイム終了時はThe Pretty  RecklessのHeaven Knows。冒頭に「ジリリリリ…」と非常ベルのような効果音が入り「後半開始の合図としても定着したのでは」(大野さん)。
勝利時はMVP表彰の後にザ・ハイロウズの日曜日よりの使者。地域リーグ時代からサポーターがチームチャントとして歌い継ぐ曲でもあり、最も長く使われている。最後は観客を見送るように、チャントの原曲をいくつか流す。
三村さんは「メインはお客さんによる応援で、全ての音楽演出はその気持ちや雰囲気を盛り上げるのが目的」とし、チャントやコールの邪魔にならないよう、オン・オフや音量は臨機応変に変える。
上條副社長は「音楽による演出は、アルウィンの“らしさ”の一つで、観戦のリズムも生む。さらに魅力的な演出を目指して努力する」と話す。
チャントを選ぶのはサポーター組織「ウルトラスマツモト」。選手1人ずつのチャントは以前は中心メンバーが考えていたが、5、6年前からウェブサイトで公募するように。一選手に50点ほどが寄せられることもあるという。
各部署のリーダーら選考委員がある程度絞り込み、最終的には中心メンバーの会議で実際に歌って決める。責任部署「リズム隊」のリーダー古池智さん(45)は「いいものがいくつあっても採用するのは一つ。プレッシャーを感じる」と言う。
基準は歌いやすさや覚えやすさ、応援が盛り上がるかに加え、独自性も重視。「応援を始めた時から曲も『山雅らしさ』にこだわってきた」と疋田幸也代表(41)。
応募は原曲がある「替え歌」の割合が高いが、近年は完成度が高いオリジナル曲も増え、採用もされている。今季の所属選手ではパウリーニョや橋内、呂成海、鈴木らがオリジナル曲だ。
古池さんは「多彩な曲を一緒に歌ってもらっている。責任感を持って選びたい」。疋田代表は「チームチャントも新しいものを加え、チャレンジしていきたい」と話す。
(長岩将弘)

小学生年代の強化とクラブ普及の現状は

170420yamp育成チームのU-12が、小学生の全国大会「JA全農杯チビリンピック」(5月3~5日・横浜市日産スタジアムほか)に北信越代表として出場する。2年連続2度目。昨年を上回る成績を目標に、全国の強豪との対戦を成長の糧にする。強化と並び小学生年代のもう一つの使命である普及の現状も担当者に聞いた。

「チビリンピック」は全国9地区予選を勝ち抜いた10チーム(関東だけ2)が出場。5チームずつ2組で総当たりの1次ラウンドを行い、各組2位までの4チームが決勝トーナメント(T)に進む。
U-12は、昨年度にU-11(5年生以下)チームで県予選(昨年7月)、北信越予選(3月18、19日・富山県)とも制し、出場を決めた。
選手たちは今年の目標を「先輩を超えること」とし、1次ラウンド2分け2敗で敗退した昨年の雪辱を期す。
目指すのは相手の戦い方にかかわらず、攻守とも意図を持ったプレーを徹底するスタイル。漫然とした動きが目立った以前に比べ、「ボールを意識的に動かす手応えはある」と恒本大輔監督(34)。
課題はゴール前での崩し。「ドリブル突破かパスか、どちらかに偏る。『自分が敵だったらどちらが嫌か』を常に意識させ、攻め方の引き出しを増やさせたり、判断力を身に付けさせたりしている」(恒本監督)と言う。
1次ラウンドは鳥栖U-12(佐賀)、ディアブロッサ高田(奈良)、青森FC、江南南少年団(埼玉)と同組。江南南以外は昨年12月の全日本少年大会(全少)に出場し、鳥栖と高田は決勝T(16チーム)に進んだ。全少と学年は代わったが、どこが決勝Tに進んでもおかしくない顔ぶれだ。
初戦(3日)の高田とは昨年も対戦し0-0。大会初白星への思いは強いが、「やってきたことを出し切れるかが、何より大事。その中で結果を出せたら」と恒本監督。
U-12は全少も2年連続で出場中だが、いずれも予選リーグで敗退。全国大会で結果を出し、育成の成果を示したい段階にある。
恒本監督は「将来のプロ入りを見据え、全国の強豪チームや優れた選手たちを肌で感じ、学び取ってほしい」とし、主将の高橋圭太(穂高南6)は「みんなの気持ちも高まっている。1次ラウンドを突破して優勝を」と上を見る。

クラブの普及事業を担うNPO法人「松本山雅スポーツクラブ」が中信地区3カ所を含む県内6カ所で開くサッカースクールには現在、小学生を中心に未就学児から中学生の約600人が通う。
クラブが「育成元年」を掲げた昨年、普及の充実も図り、スクールの時間帯を変更。子どもたちの生活リズムを考え、おおむね午後6~9時に開いていたのを早いクラスは午後4時半に始まり、多くが7時までに終わるようにした。
スタッフも増やし、専任2人を加えたほか、トップチームのコーチ経験がある育成指導者がスクールに携わるようにし、「プロ選手に求められるものを逆算し、普及の現場に落とし込むことができるようになった」と高橋耕司理事長(53)。
塩尻市広丘堅石の民間フットサル場「綿半フットボールパークフットサルポイント塩尻」を会場に、昨春から開くスクール塩尻校は6カ所で最多の約200人が練習。
照明があり夜も使える人工芝グラウンドの存在は大きいが、「地域全体を見れば、環境面はまだまだ」と高橋理事長。グラウンドや指導者が足りず、ホームタウンの中でもスクールを開設できていない地域があるのを課題に挙げる。
スクール以外の普及事業では単発のサッカー教室「クリニック」に加え、未就学児の親子向け運動遊び教室を昨年11月にスタート。3月には、松本市と提携して2014年から開く高齢者向け健康講座を発展させた、初の親子3世代向けの運動教室も開いた。
高橋理事長は「子どもたちが体を動かす機会が減っている」と指摘し、「サッカー以外の競技でも必要な、運動神経の発達や体の使い方の習得を促したい。地域の健康づくり、人育てなどにも貢献できれば」と目的を話す。
(長岩将弘)

J2第7節 長崎に3-0で快勝

170411yamp春の強風が吹くアルウィンで山雅は風下の前半に2得点、後半にも1点を加え、3連勝中と好調だった長崎を一蹴した。前線の厳しい守備で相手ボールを奪ったりCKに追い込んだりし、ファウルを連発する相手から再三得たFKでも得点。守備も2戦続けて無失点と「らしさ」を全開にし、2連勝で5位に浮上した。
「(強風で)互いに雑になりサッカーの質は高くなかったが、効率よく点が取れた」。反町監督はほっとした表情で試合を振り返った。
先週の練習中に負傷したセルジーニョに代えて宮阪を2列目で起用。高崎、工藤と前線3人で激しくボールを追い、ファウル数がリーグ最多の相手に付け入った。前節に続きFKを直接ゴールにたたき込んだ宮阪は「チームとしてやりたいことが体現できている」と誇った。
前半終了間際に飯田が相手GKと交錯し、腰を強打して退くアクシデントに加え、長崎は後半から選手を代え布陣も変更して挑んできたが、守備陣は3バックの中央に入った橋内を中心に冷静に対応。「後手を踏む場面もあり、もう少し中盤でボールを奪いたい」と注文を付けた反町監督だが、上位相手に2戦連続の無失点で「手応えはある」。
3点目で試合を決めたパウリーニョは4試合ぶりの先発。「いつも通り自分の100%を出し切ろうと臨んだ」と本人は涼しい顔だが、指揮官は「悔しい思いを秘めてやっていると、好機をものにできるのだろう」。選手層の厚さや競争が好結果を生んでいる。
次節から敵地で2連戦。次節に首位に立つ可能性もある。反町監督は「上位に食い込めるか、ここが前半戦のヤマ場」とにらんだ。

J2は4月8、9日、第7節を行い、10位の山雅は8日、3位V・ファーレン長崎とホームで対戦し、3-0で快勝した。
山雅は宮阪のロングボールを追ってPKを得た高崎が自ら決めて先制し、工藤が倒されて得たFKを宮阪が直接決めて加点。後半は自陣でプレーする時間が長かったが、ゴール前で相手ボールをさらったパウリーニョがシュートを決めて突き放した。
次節は15、16日。山雅は16日に20位ロアッソ熊本と熊本市のえがお健康スタジアムで対戦する。午後6時開始のナイトゲーム。両者の昨季の対戦成績は1勝1敗。

【選手コメント】
31番・橋内 (飯田が安川と途中交代し)練習でも並んだ覚えがない急造3バック。ラインが多少重くなっても失点しないことを心掛けた。
風下の前半はロングボールで押し込まれたら苦しかったかもしれないが、相手は足元でつないできた。僕らは前線の運動量があるので、はがされなかった。
上位に2連勝したのは大きいが、J1昇格のためには毎試合がヤマ場だと思っている。

【長崎に移籍の飯尾】
昨季まで山雅に4シーズン在籍し、今季長崎に移籍した飯尾が右サイドでフル出場。古巣との一戦を「自然と力が入った。自分のサッカー人生の中でもアルウィンは特別な場所だと改めて感じた」と振り返った。
阪南大から13年に山雅に入団。学卒の生え抜きとして期待され、リーグ戦はJ1を含む46試合に出場。
自身最多の18試合に出場した昨季は、右目網膜剥離の手術で離脱した田中の穴を埋め、第19節の山形戦(6月19日)ではアルウィンでプロ初ゴールとなる決勝点を挙げるなど成長。移籍を惜しむ声が多かった。
長崎で開幕から定位置を獲得し、山雅で培った力を見せていたが、今季初の無得点での完敗に「(山雅が)セットプレーが得意なのは分かっており、簡単にファウルをしないイメージを確認して試合に入ったが、安易にFKを与えてしまい、相手の思うつぼだった」と悔し涙を見せた。
試合後にピッチを1周して観客にあいさつ。山雅サポーターから「竜太朗」コールを受けて感極まり、再び涙した飯尾は「この悔しさを次へのばねにし、成長した姿を(アルウィンで)見せたい」と誓っていた。
(長岩将弘)

育成年代もキックオフ 山﨑ダイレクターに聞く

170406yampU-18(高校年代)、U-15(中学生)それぞれのリーグが開幕し、今季の育成各年代の戦いが始まった。今季はどのような立ち位置で、どういう戦いに挑むのか。山﨑武・ユースアカデミーダイレクターに聞いてまとめた。
U-18は昨季、北信越予選を突破して夏の全日本クラブユース選手権に5年ぶりに出場。Jクラブの育成チームが競う秋のJユースカップでは神戸、横浜Mといった強豪を破り3位になるなど躍進を遂げた。
今季は、主力の1stチームは昨季と同じ県リーグ(L)1部(8チーム)、昨季県3部を制した2ndチームは昇格して県2部(同)で戦う。今季は先月18日に開幕し、どちらも2節まで終えて1stは市立長野高に3-1、松本県ケ丘高と1-1の1勝1分け、2ndは創造学園高2ndに0-2、市長野高2ndに4-0の1勝1敗。
1stは昨季県1部を制し、8チームがトーナメントで競う北信越プリンスL参入戦で決勝まで進んだものの、日本文理高(新潟)に0-1で敗れて昇格を逃した。
9月の県L終了後、11月の参入戦までの間に激闘のJユース杯を挟んだため、山﨑ダイレクターは「体力面でも精神面でも、参入戦は相当ハードだったはず」と推し量りつつ、「苦しい戦いをものにするのが本当に強いチーム。そこは今季の課題」。
躍進した昨季が前提となる今季は、内容も結果も求められる重圧の下で戦う。山﨑ダイレクターは「プレッシャーの中で力を発揮できる人間力が、技術以上に求められる」とにらむ。

U-15の1stは昨季県L1部で優勝。今季から2部制になった北信越Lの2部(8チーム)に昇格した。今季は2日に開幕し、FCひがし(富山)との初戦を1-0で制した。
2ndは昨季県2部を制し、昇格した1部に挑む。中学生は学年による体格・体力差が大きいため、別に1年生の県U-13Lも設けられている。
大枠で学年別の3チームに分かれるU-15だが、「力のある選手はどんどん上のカテゴリーに挑戦してほしい」と山﨑ダイレクター。ただ、「そういった貪欲さはまだ物足りず、意識づけが課題」と話す。

U-12(小学生)は年末の全国少年大会に2年連続で出場。5月のJA全農杯チビリンピック全国大会にも2年続けて出場する。
参加する松本、塩尻市チームのU-12リーグは15日に開幕。リーグ戦がない週末は県外遠征に出掛け、よりレベルが高い競技環境を整える。
山﨑ダイレクターは「この年代で大事なのは、才能ある選手に最適な環境を与え続けること」と強調。「その延長上に(全国出場などの)結果がついてくるよう、取り組みを続ける」と話す。
(長岩将弘)

浅間温泉旅館協同組合から入浴券の寄贈受ける

松本市の浅間温泉旅館協同組合は選手の疲労回復に役立ててほしいと、市の委託で運営する日帰り入浴施設「ホットプラザ浅間」(浅間温泉3)の無料入浴券をクラブに贈った。
毎年贈り5年目。12月まで使える約3200枚を提供し、クラブは選手のほかスタッフや運営会社の社員らに配る。
施設はトップチームが練習する市かりがねサッカー場に近く、神田文之社長(39)は「毎年、選手たちに好評」と感謝。「初めて松本で暮らす新加入選手も、疲れを癒やしながらこの地の魅力に触れてほしい」。
組合の石川二郎理事長(62)は「来季こそJ1に復帰し、その先はJ1優勝を。近年の戦いぶりを見ていると夢物語ではない」と期待していた。

松本市かりがねサッカー場に防球フェンス贈る

クラブはトップチームや育成年代が練習する松本市かりがねサッカー場に防球フェンス8基を寄贈した。一般利用者も管理事務所に申し出れば無料で使える。
フェンスは幅約5メートル、高さ約4メートル。グラウンドを仕切ったり、ボールが思わぬ方向に飛んで見学者に当たるのを防いだりする。ボールを拾いに行く時間が減り、練習の効率が上がる効果も。1基約15万円。
「(市施設の)サッカー場を優先的に使わせてもらっており、クラブとして目に見える形で地域のスポーツ振興に貢献したい」と神田社長。
寺沢和男・市文化スポーツ部長は「市民は山雅の戦いから勇気と感動をもらっている。今回のような形でも市に協力してもらい、ありがたい」と話す。