月別アーカイブ: 2016年12月

U―18 国内外強豪と対戦、糧に

161229yamp国内外のユース(高校生)年代の有力8チームが競うサッカー大会「Jリーグインターナショナルユースカップ」は12月21、22、24、25日、長野市の2会場で開いた。昨年に続き2度目の開催。10~11月のJユースカップJリーグユース選手権4強の実績で初出場した松本山雅U-18は、7位だった。
Jユース杯4強と、海外から招いた4チームが出場。国内と海外が2チームずつになるよう2組に分けて、組内で総当たり。その後、両組の1~4位同士が対戦して、最終順位を決めた。
山雅は3年生が引退し、新チームとなって初の公式戦。Jユース杯覇者で、夏の日本クラブユース選手権(U-18)大会も制したFC東京U-18との初戦(21日)は、飛び級でU-19日本代表に選ばれた中学3年生のFW久保建英選手に2点を奪われ、0-3で完敗した。
その後は海外勢との2試合にも敗れ、グループ最下位。7、8位決定戦は、同じJユース杯4強の京都に3-2で競り勝った。
山雅の臼井弘貴監督(36)はFC東京戦の後、個の力と経験の差を指摘。走力など通用した点はあるとし、「格上との経験をもっと重ねていかなくては」と、チームづくりを見据えた。
フィゲレンセ(ブラジル)が優勝。2位は釜山アイパーク(韓国)、3位はFC東京だった。

安曇野に大衆演劇 夢の劇場

松本市梓川の菖(あやめ)・企画の代表、北澤一男さん(65)は1月1日、大衆演劇場「花・舞台」を安曇野市穂高有明の国道147号沿いに開く。旅館などに付属していない単独で通年営業の劇場は県内2施設目で、中信地区では唯一。北澤さんの夢の集大成。「大衆演劇の文化を安曇野に根付かせたい」と張り切っている。
建物は元ゲームセンターで、北澤さんと大工1人で内部を改装。備品などはリサイクル品を多用し、ステージの他、約120席分の畳敷きの客席、楽屋、事務所、倉庫などをつくり、音響設備も完備した。駐車場も約40台分ある。
北澤さんは約20年前、長距離のトラック運転手をし、劇団の荷物を運送。大衆演劇に触れる中で、「男性が化粧をしてこんなにきれいな女形に化けられるものなのか」と感動。「歌舞伎などと違って敷居が低く、役者と親近感があるものいい」とその魅力に取りつかれた。
約10年間、荷物を運びながら全国の劇場を回り、130団体あるという劇団の9割の公演を見た。そのうち、「自分ならこういう劇場にする」などと考えるようになり、いつしか劇場経営が夢に。物件を探した。
2年前、閉店してから6~7年空いたままになっていた元ゲームセンターを見つけ、持ち主と交渉。劇場経営について相談した、ある劇団の座長の「ぜひやって」の言葉にも背中を押され、決意した。

1日のこけら落とし(午前11時開演)は全国的にも人気の高いという「しらさぎ三兄妹」が務め、28日まで公演する。期間中の12日には「大衆演劇のことを知ってもらおう」と、公演終了後の化粧を落とした役者と来場者で懇親会(予約制)を計画。演劇だけでなく役者らに安曇野について知ってもらう機会にもする。
全国的に新規開場する劇場は珍しいため、出演希望は再来年にまで及んでいるという。
北澤さんは「夢は諦めなければかなうことが分かった。安曇野に大衆演劇のファンをつくりたい」と話す。
入場料大人1800円、中学生以下1000円。花・舞台 電話75・8193

【大衆演劇】 劇団は「旅役者」と呼ばれ、数人から数十人の規模で形成。劇団の主宰者は座長と呼ばれ、世襲されることが多い。全国の劇場やセンターと呼ばれる旅館などの付属のステージを回り、きらびやかな化粧と衣装で、人情劇や剣劇など「涙あり、笑いあり」の分かりやすい芝居をする。観客と役者の距離が近く、一体感があるのが特徴。歌舞伎や通常の商業演劇と比べ、料金も安い。
(浜秋彦)

「信州ながいもとろろ」梓川SAで販売

JA松本ハイランドとアルピコホールディングス(松本市)は27日、山形村など管内の長芋を使った「信州ながいもとろろ」の販売を、長野道上り線の梓川サービスエリア(SA)で始めた。箱に入れて土産用としての需要を増やし、地域の特産品を広くPRする。
両者は昨年7月、事業連携協定を締結し、共同で新商品の開発を模索してきた。物品の開発は初めて。
長芋まるごと1本と、丸正醸造(松本市出川町)が県産の丸大豆しょうゆをベースに、この商品のために開発した白だし(50グラム)2袋が入る。箱は常念岳など松本から見える山をデザインした。1箱1500円。
箱入りの長芋は5キロ、10キロが多いが、1本のものは箱入りがないという。最近は1キロ、2キロと、少量のニーズが高いことから、土産物にも展開できるようにと企画した。
JA松本ハイランド営業部販売促進課の小原太郎課長(43)は「今後は、農産物を土産品として利用してもらうことをコンセプトに検討する。利益は少ないが、食べた人の口コミ効果に期待したい」と話した。
寒い時期の販売で、29日からは諏訪湖SA上り線でも販売する。梓川SA(上り)電話72・8816
(八代けい子)

穂高北小「天蚕」飼育で地域と連携し表彰

安曇野市穂高北小学校の3、4年生が総合的な学習の時間に行っている安曇野の特産の一つ「天蚕(ヤママユガ)」の飼育活動が11月、大日本蚕糸会(東京都)の「蚕糸絹文化学習教育奨励褒賞」を受けた。蚕糸、絹文化に関する組織的な学習活動を継続的に実施し、啓発に貢献している学校などに贈られ、県内は2校目。地域と連携した学習が評価された。
同校は1983(昭和58)年から天蚕の飼育を教育に取り入れている。3年生はクヌギの木の入ったペットボトルで飼育。4年生は校内の約200平方メートルのクヌギの飼育林で本格的に育てる。
市天蚕センターから譲り受けた卵を5月にクヌギの葉に付ける「山付け」を行い、卵から幼虫、幼虫から繭になる過程などを観察する。
4年生は収穫した繭を6年生になるまで保管し、卒業時にコサージュを作り、保護者に贈っている。
本年度の4年1組は飼育の他、天蚕に関する新聞作りや、天蚕センターの見学、糸取り体験などもし、理解を深めた。新聞は年度内に完成させる予定で、地元のスーパーやコンビニなどに配布する。
1組の有賀巧君は「病気が広がらないように注意して観察した」。城山大翔君は「すごい賞をもらえた。天蚕が(産業として)衰退していることを知ってほしい」。
担任の冨田寛教諭(29)は「飼育を通じ、問題解決のステップを学び、地域への誇りを持ってほしい。『天蚕を守らなければ』という意識は出ている」と評価する。
大日本蚕糸会によると、奨励褒賞は2013年に設けた。県内では昨年度、岡谷市湊小学校が受賞。本年度は穂高北小を含む全国の5小学校が受けた。同会は「天蚕は家蚕と飼育方法が違い、難しい。穂高北小は地域性を生かしたところに特徴がある」としている。
(浜秋彦)

蟻ケ崎の生安寺で江戸時代の申年につくられた貴重な木製地蔵像が見つかる

松本市蟻ケ崎の生安寺(曹洞宗)で今秋、江戸時代の1788(天明8)年・申(さる)年につくられた貴重な木製地蔵像が、本堂内で見つかった。松本市は市文化財の指定を検討するという。同寺の東堂(とうどう=前住職)旭道寛さん(84)は申年生まれ。今年の干支(えと)にまつわる良い話があったとし、1年を振り返る。
見つかった地蔵像は浄土宗の高僧、祐天大僧正(1637~1718年)の姿を模した「祐天大僧正地蔵大菩薩本地身」。本体の高さは46・5センチ、岩状の台座を含めて80センチほどの像で、厨子(ずし)に保管されていた。厨子は明治初めに生安寺に渡ったらしいが、今秋まで詳しいことは分からなかった。
もともと、祐天大僧正を本尊の一つとする「祐天寺」(東京都目黒区)が1797(寛政9)年に、当時松本にあった光明院(浄土宗)に贈ったもの。その昔、松本城藩主だった水野忠周(1673~1718年)が厚く信仰し大切にしていた、祐天大僧正ゆかりの別の地蔵との交換だったという。
現在、松本から贈った地蔵は祐天寺に保管されている。一方、祐天寺から松本に渡った方は約100年間行方が分からないままだった。祐天寺は来年5月、祐天大僧正の没後300年記念法要を開くため、探していた松本の地蔵像の調査にここ数年、拍車をかけていた。
松本市側では、真光寺(和田、浄土宗)の近藤秀祐住職(41)、玄向寺(大村、同)の荻須眞教住職(73)、木下守・市文化財課長(54)らが奔走した。

今夏、「生安寺にある像が該当するのではないか」との話が出始め、一気に調査の動きが早まった。10月、祐天寺から住職や研究室職員と仏師が生安寺を訪れ、松本市側の関係者も立ち会って本物であることを確認した。
木下課長は「生安寺は現在、曹洞宗のため、気づきが遅れたが、明治初年までは浄土宗だった。当時は光明院の近くにあったので地蔵像を預かった可能性は大いにある」と解き明かす。
荻須住職も「生安寺は明治初年までは市内でも有名な浄土宗の古寺だった。廃仏毀釈(きしゃく)で、光明院と共に廃寺となったが、その後、生安寺は曹洞宗として再建した。浄土宗の歴史ある像が見つかって安堵(あんど)した」と言う。

旭さんは「一時は祐天寺さんにお返しをしようかとも考えたが、長い歴史の中で松本に渡った地蔵像。ここにいていただくことがベストかと思い至った。次の申年は、私は96歳なので『自分の手でご供養』と言うわけにはいかないかもしれないが」と笑顔を見せた。
(長田久美子)

松本大で県内外の学生らが地域フォーラム

私たち学生は地域のために何をすべきか-。松本大(松本市新村)は3日、「地域フォーラム」を県内外の7大学・短大の学生と教職員約60人が参加して開いた。学生が地域で取り組むボランティアなどの活動の意義や成果について、現状と課題を本音で語り合った。
呼び掛けに応じた松本短大(同市笹賀)、長野大(上田市)、田園調布学園大(神奈川)、共愛学園前橋国際大(群馬)、諏訪東京理科大(茅野市、職員のみ)、西南女学院大(福岡、同)が参加。
6班に分かれ、それぞれの活動について目的や意図を明確にし、課題を洗い出して解決の糸口を探った。
群馬県内の過疎集落で、排水溝や道路の清掃をボランティアで行っている前橋国際大の学生は「村おこしとか観光誘客とかではなく、集落に住む高齢者が平穏な生活を継続して送れることが地域のニーズ」と分析。
課題として1~4年生が関わるプロジェクトチームの運営や、活動日程を調整する難しさ、現地までの車の手配、活動資金の確保などを挙げた。
保育園や福祉施設で園児やお年寄りらと交流している松本短大幼児保育学科1年の筒木千聖さんは「地域での活動をいろいろな視点から考えることができた。まずはできることから実行したい」。
松本大総合経営学科3年の水野佑紀さんは「他の大学の活動を知り、改めて自分たちの活動を見直す機会になった。自分たちのための活動ではなく、地域に必要とされる活動が大事だと思う」と話した。
(高山佳晃)

大野川中 梓川SAで手作りカレンダー配布

松本市安曇の大野川中学校(高山康校長)の生徒は22日、長野自動車道下り線梓川サービスエリアで、手作りのカレンダーとパンフレットを配布した。地元の魅力をPRしようと取り組む総合的な学習の時間の活動の1つ。年末年始の交通混雑期を前に、NEXCO中日本も、交通安全啓発グッズを配った。
1~3年生10人が、「乗鞍カレンダー」計180部と、乗鞍の春図鑑、赤い紅葉の乗鞍など、その魅力を盛り込んだ「乗鞍高原パンフレット」計230部を午前と午後の2回配布した。生徒たちは「私たちが作ったカレンダーです」と、大きな声を出しながら、一人一人に手渡した。
総合的な学習の時間「風景乗鞍広報講座」の活動で、毎年続けている。地元の過疎化で自分たちの学校がなくなってしまうのではと心配しているといい、「地元を有名にしたい」「誘客に一役買いたい」と、乗鞍の良さを多くの人に知ってもらおうと企画した。
乗鞍観光協会が主催するフォトコンテストへの応募も活動の1つといい、地元の人を講師に、写真の撮り方も勉強。8回ほど撮影に出かけ、撮りためた写真の中から、季節に合わせて写真を選んだ。パンフレットには、大野川中の行事についても触れている。
中澤希帆さん(3年)は「乗鞍は空気も景色もきれい。写真の撮影は、面白い。いろいろな人に見てほしいし、もっともっと多くの人に来てもらえるよう頑張っている」と話した。
NEXCO中日本の安野毅保全担当課長(41)は「中学生と一緒に活動することで、多くの人に立ち止まってもらえる。交通安全をPRする良い機会」と話した。
(八代けい子)

新規事業立ち上げの手法リクルート社員から学ぶ

塩尻市、リクルートホールディングス、信大キャリア教育・サポートセンターは17日、地域での新規事業立ち上げの手法をリクルート社員から学ぶ「ローカルイノベーションプログラム」を塩尻市大門八番町の塩尻インキュベーションプラザで開いた。市とリクルートが10月に結んだ包括連携協定の一環。市内外の8人がそれぞれ新規事業案を持ち込み、参加者と一緒に実現可能性を議論、調査した。
高校生、大学生、市職員、会社員、企業経営者、金融機関社員などさまざまな立場の約50人が参加。「子ども食堂を事業化したい」「思い出の場所で挙式できるブライダル事業を立ち上げたい」などテーマ別に分かれ、事業提案者の思いと事業計画を聞き、どうすれば実現できるかを30分ほど話し合った。
その後、各班は街へ出たり、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使ったりしてヒアリング調査。子ども食堂班は「本当に来る人がいるか、来るならどのくらいの頻度で来てくれるか、値段はいくらまでなら払うか」など、ブライダル事業班は「結婚式を挙げたい場所があるか」などを1時間で聞いて回った。
プログラムには、リクルートで新規事業開発を担当する社員2人が参加。
各班での議論、調査に先立ち、金澤一行さんは「いきなり投資するのではなく、最小限の金、人、時間でたくさん学び、失敗による損失を減らすことが大事」と指摘。「だらだら考えず、『こんなニーズがあるはず』という小さな仮説を立てたら実証実験を繰り返し、仮説を修正していく習慣を身につけてほしい」と助言した。
購買意欲減退という時代の流れの中で地方の課題解決に商機を見出すリクルートと、地域課題を解決したい塩尻市の思惑が合致して結んだ包括連携協定。
特に市は、「地域での起業は地方創生の行方を左右する」(小口利幸市長)と起業支援を重視。高校生を対象にした起業家育成プログラムを来年度立ち上げるほか、今年に入ってソフトバンクとも関係を深めている。
市企画課の髙砂進一郎課長は「リクルートのノウハウを活用し、起業を目指す地域住民を後押する第一歩。行政だけでは対応できない地域課題をビジネスで解決することで、暮らしやすい地域づくりにつなげたい」と見据えた。
(松尾尚久)