月別アーカイブ: 2016年6月

グッズ開発秘話 事業本部企画部の塩川さんに聞く

160630yamp山雅を応援する気持ちを高めるグッズ。Jリーグ入り以降、クラブはホームゲームごとに新商品を発売し、その点数は色やサイズの違いなども含めると、ざっと1000点に上るそうだ。しかし、中には売れ行きが芳しくなく、在庫を抱えてしまっている物も…。事業本部企画部で公式グッズ開発を担当する塩川由貴さん(25)に、そんな知られざる商品とともに開発の苦労話を聞いた。
最も大事にしているのはお客さんの声。スタジアムの売店で見聞きする反応や、メールなどで寄せられる意見・要望を基に、季節感やホームゲームで行うイベントとの連動も考え、商品を企画するという。
ただ、「結局、売り出してみないと分からない。過不足のリスクは常にある」と塩川さん。
売れなくてもいけないが、欲しい人に行き渡らない事態も避けたい。製造コストとの兼ね合いもあり、「ニーズを読み切るのは本当に難しい。なかなかうまくいかないが、精度を上げる努力は続けている」。
今季は「選手グッズくじ」(1回300円)を発売。選手・監督の顔写真を1人ずつあしらったキーホルダーや缶バッジが当たる。
手頃な価格や「好きな選手を引き当てたい」という意欲をあおる要素もあってか好評。「これまであまりなかった、個々の選手をテーマにした商品も企画していければ」という。
スタジアムではもちろん、街を歩いている時などにグッズを身に付けた人を目にすると「日常生活に溶け込み、身近に感じてもらえているのがうれしい」と塩川さん。やりがいを胸に、より愛される商品開発に励んでいる。

【カーサンシェード】
車内の温度が上がるのを防ぐ「カーサンシェード」(日よけ)は14年夏に発売。中央に山雅のエンブレムとロゴをあしらった、インパクトがあるデザインだ。
車の内側から吸盤でフロントガラスに貼り付け、使わない時は折り畳んでおく。使用時のサイズは横125センチ、縦57センチ。
松本のような地方都市で車は欠かせない移動手段。これまで売り出したグッズの中でも、ステッカー類をはじめカー用品は人気が高い。サンシェードについても発売以前から要望があったという。
反町監督や選手たちからも「売れそうだね」と声を掛けられたといい、「満を持して発売!という感じだったのですが…」と塩川さん。
コストの制約もあり1サイズだけ製造・販売したため、「もしかしたら使いづらいサイズだったのかも」と推測するが、車用品専門メーカーの製品で品質は高い。
「日差しが強いこれからの時季は役立つはず。ぜひ使ってください」。1800円。

【レトロシャツ】
山雅草創期のユニホームを模した「レトロシャツ」は、クラブ創設50周年でもあった昨年の8月、記念グッズの一つとして発売した。
海外メーカーと協力し、完全オーダーメードで半年ほどかけて開発した。「このデザインに思い入れのある人もいるはず。記念グッズでもあり、力を入れました」と塩川さん。
創設時のOBからユニホームの実物を借り、メーカーに送り分析。生地の質感や独特の厚みなどを可能な限り再現した。色にもこだわり、襟や袖口の黄味がかった白色も生地の色ではなく、わざわざ染めたもの。胸の「山雅」や背番号「12」といったワッペンは既存の書体でなく、レトロシャツ専用のオリジナルだ。
創設当時、左胸のワッペンが手違いで「山稚」になってしまったとのエピソードもある。数ある歴代ユニホームの中から「物語性を含めて楽しんでもらえれば」と、このデザインを選んだ。
ただ、思ったほど売れず、塩川さんは「必ずしも万人に受けるものではなかったようで…」。
それでも「好評もいただき、思いは届いたのかなと感じる一方、数量を売らなくてはいけない難しさも感じた商品」と話す。
「再生産しないので、在庫があるうちにぜひ手に入れて」とPRする。S、M、L、LLの4サイズ。色はチャコールグレーもあり。各5000円。
(長岩将弘)

大門沢川のゲンジボタル河川清掃の方法課題に

松本市の中心市街地を流れる大門沢川で今年もゲンジボタルが飛んでいる。ホタルの数はここ2、3年、中央図書館周辺などでは増加傾向で、上流域の安原地区でも確認されるようになった。下水道の完備や地道な美化活動で十数年前に復活したホタルだが、現在は「河川清掃がホタルの生息環境を悪くするのでは」という住民の声もあり、清掃方法が課題になっている。
大門沢川のホタルの保全に取り組む「蟻ケ崎東ほたるを育てる会」は、11年前から数を数え記録するなどの活動を開始。現在は、市中央図書館、松本幼稚園、協立厚生住宅の3カ所で観察している。
育てる会によると、ホタルは2009年に大量発生して以降、年々減り続け、13年に最も少なくなった。しかし、14年以降わずかながら増加に転じているという。
大門沢川では6、10月の年2回、流域の21町会が参加して川の一斉清掃を実施。市によると、清掃方法は各町会に任されている。
蟻ケ崎東町会は12日の清掃で初めて、河川の中の草刈りを行う際、水際の草は残し、護岸の石垣に近い草を刈る方法を試した。これまでもホタルの生息環境を考慮し、河川の中の草は全部残したり、上の3分の1の部分だけ刈ったりするなどの方法を試行錯誤してきたという。
一方で、草を残すことで蚊の発生が問題に。細萱志郎町会長は「ホタルと蚊の両方の発生の兼ね合いが難しい」と頭を悩ませ、「清掃方法は、今年の結果などを見ながらいろいろと探っていかないと」と話した。
(浜秋彦)

古民家を改修 大雪渓が1日直営店オープン

池田町の大雪渓酒造(薄井敦行社長)は7月1日、築150年以上の古民家を改修した蔵元直営店「花紋大雪渓」をオープンする。2、3日には同酒造、山風舎など4カ所で初の蔵まつりを開く。
蔵まつりは、地域貢献と日本酒のイメージアップ、地元の酒米のPRが目的。大雪渓会場では酒かす詰め放題、限定酒販売など。蔵見学会、クイズラリー、試飲会、オリジナルラベルの作成、信濃松川響岳太鼓の演奏(両日午前11時)もある。
山風舎では、企画展「お酒がおいしくなる食卓」で町の陶芸家7人の作品を展示販売する。万華鏡、アロマストーン作りなど親子で楽しめるワークショップ、そば、ケバブ、安曇野放牧豚、池田町陸郷で作り続けられている在来種の小豆を使った「桜仙峡あずきソフト」の販売もある。
あ・うんでは、夏の冷酒3種とおつまみプレートのセット(1080円)などが楽しめる。池田町ハーブセンターでは、かす漬け漬物教室、足湯(ハーブ湯)などがある。
古民家は木造2階建て、約330平方メートル。1905(明治38)年ころ、安曇野市から移築。昭和40年代まで母屋として使っていた。その後は空き家になっていたが、丸3年かけて改修。4月にプレオープンした。
薄井結行専務(32)は「情報発信の場ができた。ここを拠点に、いろいろなことにチャレンジしたい」。
蔵まつりは午前10時~午後4時(3日は3時)。各会場と駐車場(クラフトパーク)などを回る巡回バスも走る。大雪渓酒造電話0261・62・3125
(八代けい子)

塩尻の有志が初の玉ねぎ収穫祭 米国から友人も

塩尻市広丘野村の有志でつくる「野村玉八ファーム」は19日、初の「玉ねぎ収穫祭」を開いた。家族連れなど約100人が訪れて収穫を楽しんだほか、有志の友人で米国ワシントン州から訪れたデット・ウェグナーさん(69)さんが急きょスタッフとして加わり、旧交を温めた。
収穫祭は奥原邦喜さん(72)、田中淳司さん(68)、御子柴英文さん(68)ら野村区第8常会のそば打ちを楽しむ仲間が発案。休耕田10アールを借りて昨秋種をまき、育ててきた。
中野康敏さん(72、宗賀)は孫の蒼一郎君(9)、晴麻ちゃん(3)ら家族6人で来場。「すっと抜けた」「おみそ汁に入れる」などと話し、10キロ用のネット6袋に詰めて持ち帰った。

デットさんは御子柴さんの友人。2人は元教員で、英語教諭だった御子柴さんが41年前にデットさんの家にホームステイした縁で交流が始まり、友情をつないできた。
デットさんの来日は38年ぶり。直前に骨折し、右手にギブスをして出迎えた御子柴さんを見て「日本にいる10日間、ヒデの右腕になろう」とにっこり。ネットに詰めた重いタマネギを軽々と一輪車に乗せて運ぶなど、疲れも見せずに働いた。
終了後は「痩せるくらい働いた」とデットさん。奥原さんと田中さんは22日、感謝の気持ちを込めてそばを打ち振る舞った。
(宮川美津子)

塩尻の郷福寺で副住職と瞑想や茶飲み話をする「郷福寺喫茶」

塩尻市広丘郷原の郷福寺で月1度、白馬秀孝副住職(37)と一緒に瞑想(めいそう)し、コーヒーを飲みながら茶飲み話をする「郷福寺喫茶(カフェ)」が行われている。「心安らぐ時間を提供するのが寺の役割」と3月から実施。20代から高齢者まで、毎回5~10人ほどが参加し、“心の荷物”を置いて帰っていく。
宗教問わず誰でも参加できる。親子連れも可。参加無料。18日には市内外の5人が参加した。
明かりを絞った本堂で、真言宗の瞑想法「阿字観(あじかん)」を40分ほど行う。座禅の姿勢を整えた後、呼吸を整える。「心の中のモヤモヤ、怒り、悲しみなどを一つずつ呼吸に乗せて、体の外へ出して」と副住職。
体と心の準備ができたところで瞑想に入る。阿字観は「あ~」と唱えながら息をゆっくり吐き出すだけ。周囲の「あ」をよく聞くことで、高さも大きさもばらばらだった声がだんだんとまとまっていく。
音量を徐々に落とし、最後は心の中で「あ」を唱えたままゆっくり呼吸をくり返す。静寂の本堂に鐘の音が響き渡って、瞑想は終了だ。
その後、コーヒー愛好家の白馬義文住職(66)がいれたコーヒーを飲みながら、副住職を囲んで自由に話をする。家族、仕事、健康から時事ネタまで、話題は幅広い。
「説教の時間ではない。何か相談されれば一緒に考えたり助言したりするが、基本的に何でも気楽に話せる時間」(秀孝副住職)。肩の力を抜いた交流の場だ。
郷原の知人に紹介されて初参加した岡谷市の女性(42)は「心が静かになった」とすっきりとした表情。
5月に続き2度目の参加という塚原松昭さん(64、郷原)は「瞑想が終わる直前に気持ちよくなった。前回は感じられなかったこと」と喜び、「ここは非日常の空間。心のスイッチを入れ直して日常に戻っていかれる」と話す。
寺にとっては、地元の人と顔の見える付き合いをするきっかけにも。「寺を身近な存在にしてもらいたい」と願う。
気候が寒くなったら瞑想から写経に切り替える予定。次回は7月23日午後2時から。急な変更もあり、事前に郷福寺(電話52・6198)へ問い合わせを。
(松尾尚久)

7月1~18日「中町ゆかた祭り」

松本市の中町商店街振興組合なかまち活性化委員会は7月1~18日、「中町ゆかた祭り」を開く。浴衣を着て、参加飲食店を利用すると、ドリンク1杯無料といったサービスが受けられる仕組み。若者にも地域に興味を持ってもらおうと、信大付属松本中美術部がポスターを描いた。
参加店は約30店。和装の人気が高まる中、浴衣を着、気軽に中町に足を運んでもらうきっかけになればと期待する。「蔵のある街、城下町で、浴衣にもぴったりの雰囲気」と、活性化委員で飲食店経営の山口はるなさん(37)。
飲食店は大人のお客さんが多いが、もっと幅広い層に関わり、町の人と交流し、若者が地域に愛着を持ってと、信大付属松本中美術部に声をかけた。美術部員はポスターを描くに当たり、中町を散策したといい、途中で見つけたピンクの花を浴衣の柄にしたり、なまこ壁の模様を文字の中に取り込んだり。
増本和花奈部長(3年)は「中町には、あまり来たことがないが、歩くことで発見があった。魅力、いいところを伝えられるポスターになったと思う」と話した。
ポスターは24日まで中町蔵シック館に展示。祭り期間中は、各店のサービス内容などを書き込んだ原画やコピーを参加店に張り、PRする。
飲食店を対象にしたイベントだが、参加しない店も一体となり、祭りを盛り上げる。
山口さんは「中町かいわいを散策しながら、気に入った店を探し、ふらっと寄ってもらえたらいい。(イベントを)町の活性化につなげたい。いろいろな年代の人を受け入れる町、環境づくりをしたい」と話している。
中町商店街振興組合電話36・1421
(八代けい子)

7月から好評の朝日村森林浴ツアー

朝日村地域おこし協力隊「朝日堂」(大久保匤晃さん、日開友恵さん)は、「朝日村森林浴ツアー」(7月~来年1月、全5回)を行う。昨年3回行い、好評だった。今年は回数、定員を増やし、毎回テーマを変えて実施する。「家族や友達と、もちろん1人でも気軽に参加できる。毎回参加しても、違う楽しみがある」としている。
昨年の参加者から「村にこんな場所があると知らなかった」「気軽にいろんな体験ができ、充実していた」などの声があり、手応えを感じた2人。今年は、昨年同様、森林浴、ヨガ、ピザ作りを毎回行うほか、各回テーマを変えて内容の充実を図る。より気軽な雰囲気にしたいとチラシも手作り。
▽7月16日午後4時半~8時半、村の風物詩、ヒメボタルの観察会▽8月27日午後1時~28日午前11時、カラマツコテージに宿泊し、藍染め体験やバーベキュー▽9月17日午前9時~午後1時、クリスタルボールヨガ▽10月22日午前9時~午後1時、お茶室でお茶体験▽1月28日午前9時~午後1時、スノーシュー体験。
日帰りプランはいずれも1000円、定員15人。8月プランのみ8000円、定員5組。コテージには6人まで泊まれる。いずれも定員になり次第締め切り。JR塩尻駅まで送迎可能。村役場産業振興課電話99・2001
(上條香代)

「山の日」全国大会記念し長野銀行が県内全店で展覧会

長野銀行(本店・松本市渚)は27日から、第1回「山の日」記念全国大会in上高地(8月11日)の開催を記念したロビー展を県内全50店で開く。山にまつわる写真や絵画、山岳資料など各支店ごとに展示し、「山の日」を地元から盛り上げる。
山の日記念大会の協賛企業で、大会実行委員に同行の女性職員がいることもあり企画した。本店を含め全店統一の企画展はこれが初という。
本店営業部ロビーでは27日~8月31日、「桂重英画伯 山の絵画展」を開く。桂重英さん(故人)は、フルート奏者桂聰子さん(松本市)の父で山岳画家。初日は特別企画として桂さんのミニコンサートを午前11時、午後1時半から行う。
既に一部の支店で展示が始まり、塩尻支店(塩尻市大門)では、「残したい塩尻の素晴らしいビューポイント12選」と題した写真展を8月31日まで開いている。
塩尻商工会議所が5月に発行した公募による写真集「私のとっておき!ビューポイント50選」の中から、山に関係する作品12点を選んだ。
塩尻を代表する高ボッチ高原をはじめ、峰原区から撮影した特急あずさと穂高連峰の写真、奈良井宿の山の錦秋など地域色が豊かだ。籏町一彦支店長は「山の日をきっかけに地元の山の美しさや魅力を再発見してほしい」と願う。
波田店は7月15日から写真展、広丘支店は8月15日から山野草展。他に版画やガラスアート、山の映像上映など各支店で展示の内容、開催期間は異なる。
本店営業部電話27・3851
(高山佳晃)