月別アーカイブ: 2016年2月

雨氷の世界クリスタルファンタジー(松本市内田・崖の湯温泉)

160227sikip陽光を浴びて煌めき、幻想的な世界を演出する雨氷。見る人の心を癒やし、光の宝物を届ける=ニコンD3、ニッコールED300ミリ、2月4日、松本市内田(崖の湯温泉)

1月末から2月初めにかけ、松塩地域の標高800~約1000メートル付近で、過冷却となった雨が樹木などに纏(まと)わり凍り付く雨氷(うひょう)現象が見られた。倒木や停電など被害の規模は近年にないほど大きかった。一方、雨氷がつくりだす壮麗な光景は、氷細工の世界を連想させ、まさにクリスタルファンタジー。
青空を背景に太陽光を浴びると、キラキラと強烈なまぶしさを放つ。雨氷現象は珍しくはないが、今回は何日も解けず多くの人の目に触れた。「生まれて初めて」とか「60年生きて来たが見たことがない」など自分の人生を重ねて語るほど衝撃的な光彩に映った。
言葉でこの光景を伝えるのは難しい。そう思いながらも脳裏に次々と似た言葉が並ぶ。「光る」だけでもない。「輝く」では物足りない。ダイヤモンドのような雨氷の透明さが際立つキラキラした光彩は「煌(きら)めく」が一番似合う。
差し込む太陽光の角度によって、雨氷は壮大なプリズムに変わり、光は魔術師になる。心のカメラのファインダーに描かれた水玉模様の「虹色のページェント」。雨氷のステージで光の精たちがにぎやかに奏でながら風のリズムに合わせ踊っている。どうやら雨氷と光が演出する幻想的な真昼の舞踏会に記者は招待されてしまったようだ。
(丸山祥司)

28日、J2開幕 目指すは1年J1返り咲き

160225yamp今季のプロサッカーJリーグは、27日にJ1、28日にJ2、3月13日にJ3が開幕する。昨季初めてJ1に挑んだが年間16位で降格、2季ぶりにJ2で戦う松本山雅FCは28日、ロアッソ熊本と敵地で初戦を迎える。目指すは1年でのJ1返り咲き。昨季の経験からJ1で戦える新たなスタイル構築も模索中で、結果と内容を同時に追う、厳しい戦いが待ち受ける。
指揮を執るのは5季目の反町康治監督。新加入9人を加えた計28選手と、4人中3人を入れ替えたコーチ陣で、開幕を迎える。
チームは1月15日に松本市かりがねサッカー場で始動。同18日から静岡県御殿場市、静岡市、鹿児島市で計3次にわたるキャンプをし、練習試合も6戦を行った。
2月24日からは、御殿場市で事実上の第4次キャンプを行って最終調整。そのまま開幕戦に臨む。
開幕戦でぶつかる熊本は、ここ2季連続で13位。昨季は前半こそ最下位に沈む時期もあったが、途中加入したGKシュミットらの奮戦もあり、終盤は昇格プレーオフ進出をうかがう位置にもつけた。
昨季12得点のFW齊藤和の他、シュミットやDF權韓眞ら守備を支えた主力もチームを離れたものの、13日の練習試合では横浜FCに7-0と大勝。戦力低下とは言い切れなさそうだ。
山雅は熊本とこれまでに6度対戦し、4勝1分け1敗。アウェー3試合は全て勝っており、相性の良さも追い風にしたい。

今季の山雅は攻守にわたる運動量や縦に速い攻撃、セットプレーからの得点-といったこれまでのベースを継承しつつ、新たなスタイルとして、最終ラインからパスをつないで組み立てる攻撃も追求している。
ただ、16日のJ3鹿児島との練習試合は0-0、開幕前最後の練習試合となった20日のJ1名古屋戦(非公開)は0-2と、詰めの段階の実戦で無得点が続いた。
指揮官は、ボールを持っていない選手の動きなど「攻撃のダイナミックさがまだ足りない」と指摘する一方、「大事なのは本番で、ここで負けたことはよかった。開幕までに反省点をどう落とし込み、どう練習するかがわれわれの仕事」とにらんだ。

21日はかりがねサッカー場で軽めの練習をした後、山形村のアイシティ21で恒例のキックオフイベントを開いた。
反町監督や選手が地元のファンらの前に姿を見せるのは、約1カ月ぶり。サッカー通で知られるタレントの平畠啓史さんをゲスト司会者に迎え、選手全員が1人ずつ壇上に立って意気込みを語り、800人余の来場者とともに気勢を上げた。
反町監督は「けが人も少なく、順調に終えられた」とキャンプを振り返り、「昨季までと逆に、6対4くらいで攻撃に多く時間を割いた。主体的にアクションを起こす時間を増やしたいし、そういう力を出せる選手もそろってきている」と力を込めた。
2季前のJ2との違いを聞かれ、「やってみなければ分からないが、レベルは上がっているし、(自分たちの力に)あぐらをかいているチームもない。厳しいリーグになるだろう」と予想。「毎試合、120%の力を出していくしかない。この1週間は熊本戦のことだけを考え、一戦必勝でやっていく」と、決意を話した。
塩尻市柿沢の上條裕貴さん(22)は初の来場。2月初めにはキャンプを見学に行き、「あの時より、みんな自信に満ちた顔つきになった」との印象。
「一昨年より難しい試合も増えるかもしれないが、自動昇格圏(2位以上)を目指してほしい」と期待を寄せた。
(長岩将弘)

今季J2も22クラブ総当たり42節

今季のJ2に参戦するのは、山雅と共に降格した山形や清水、J3から昇格した町田、山口など22クラブ。本拠地と敵地で1戦ずつ行うホーム・アンド・アウェー方式の総当たり2回戦、全42節で争う。
順位は勝ち点(勝ち=3、引き分け=1、負け=0)の合計で決め、勝ち点が並んだ場合は、得失点差、総得点数、当該チーム間の対戦成績-の順で優劣を決める。
J1には3チームが昇格できる。年間1、2位は自動昇格し、3~6位で残り1枠を争うトーナメント形式のプレーオフを行う。
プレーオフの準決勝(3位-6位、4位-5位)は11月27日、決勝は12月4日。いずれも90分間で決着がつかない場合は、年間順位上位のクラブが勝者となる。
ただしクラブライセンス制度により、財務や施設など各分野でJ1基準を満たしていないクラブは昇格できず、プレーオフにも出場できない(その場合も7位以下の繰り上げ出場はなし)。
またJ3でJ2基準を満たすクラブが上位になった場合は、21、22位が入れ替え戦などの対象となる。

【チケット情報】
ホーム試合は、松本市神林の総合球技場アルウィンで21試合を予定している。前売り券は大人がS席4500円(高校生以下2000円)、A席4000円(同1500円)、ホーム・アウェー側とも自由席2200円(同700円)など。各コンビニエンスストアの情報端末などで購入できる。
当日券はいずれも500円(高校生以下のホーム・アウェー自由席は300円)増し。未就学児は大人1人につき1人、車いす席は1人につき付き添い1人、それぞれ無料となる。試合によって、松本市や周辺自治体の小中学生には学校を通じ、ホーム自由席の招待券を配る予定だ。
ホーム全試合を割安に観戦でき、さまざまな特典も付く「シーズンパス」もある。問い合わせは株式会社松本山雅・電話88・5490

大自然の造形、壮麗なアイスカーテン(木曽町三岳)

160204sikip

「立待月」に照らされて輝く氷柱群に、冬の星座が共演。脳裏に描く光景に最も近付けるため、あえて87枚のコンポジット撮影(比較明合成)の特性を生かし表現してみた=ニコンD800E、ニッコールED17-35ミリ、1月26日午後11時45分から30分間撮影

木曽町三岳の町指定文化財「白川の氷柱群」。高さ約50メートル、幅約250メートルに及ぶ壮麗なエメラルドグリーンのアイスカーテンが厳寒の木曽路の美観を際立たせている。
氷点下11.5度。満天の星空となった1月26日から27日へ日付が変わる時間帯、脳裏に浮かび描く幻想的な氷柱群の撮影に挑んだ。その光景は…月明かりに照らされ浮かび上がる氷柱群と一等星をちりばめて輝く冬の星座とのコラボレーションである。ストロボも人工光線(ライトアップ)も無用の世界。
撮影の鍵は、氷柱群に絡む星座の位置と月の位置のタイミングにある。日周運動などから撮影日と時間を割り出した。頭上付近に冬のダイヤモンド(シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラ、アルデバラン、リゲルの1等星を結んだ六角形)が輝き、月の斜光線の角度が氷柱群に立体感を出すレンブラントライティングになるのは、26日の「立待月(たちまちづき)」(17日目の月)だ。
午後9時半すぎ、ライトアップの照明が消えた。浮かび上がったのは、月に照らされた氷柱群と満天の星空。凛(りん)とした幽玄神秘な雰囲気が漂う“厳寒のステージ”にただ一人立った。足元の西野川の瀬音が静寂の中に太古の鼓動を刻む。オリオンとシリウスが頭上の木立に冬の詩(うた)を編んでいく感動の光景に、記者の心のカメラのシャッターが動いた。(丸山祥司)