月別アーカイブ: 2015年7月

奮起 鹿島に完封勝利 J1第2ステージ第3節

150721yampサッカーのJリーグ1部で、リーグ戦7連敗していた松本山雅FCは19日、松本市アルウィンに鹿島アントラーズを迎え、2-0で快勝した。5月16日の神戸戦以来2カ月ぶりの勝利に、アルウィンは歓喜にうち震えた。

梅雨は明けたものの曇りがちの天気だったが、1万7625人が詰めかけ、選手たちを後押しした。
前半17分、第2ステージから加わった工藤浩平選手が先制点を挙げると、同28分には飯田真輝選手が追加点。
後半も気持ちのこもったプレーが続き、無失点のまま試合終了の笛が響くと、観客は喜びを爆発させた。
アルウィンを後にする人たちは、誰もが笑顔、笑顔、笑顔。
松本市今井の桜井忠子さん(72)は「アルウィンでは今年の初観戦だったが、いい試合が見られた。選手たちはすごく頑張っていた。応援しすぎて手が痛い」と笑った。
家族3人で訪れた上田市の柿沼忠宗さん(41)は「やっと長いトンネルを抜けた」と目尻を下げ、「前節の大敗で吹っ切れたのか、のびのびプレーしていた。新加入選手もチームに溶け込んでいるように見えたので、この先は昨年のような強い山雅を見られるのでは」と、声を弾ませた。

J1昇格後最多の6点を失い惨敗した、敵地での広島戦から中3日。反町監督が「前節のイメージを払拭(ふっしょく)するようなプレーをしないとプロではない、と言って送り出した」という選手たちは奮起し躍動。7度のリーグ制覇など輝かしい歴史を持つ鹿島を相手に、完封勝利で連敗を脱し、「勝ち点3以上の価値」(反町監督)を手にした。
田中のクロスに喜山が頭から飛び込んでゴールに迫ったのは、開始わずか数十秒。山雅は立ち上がりから気迫十分の攻めを見せた。
前半17分、相手の不用意なバックパスをさらった工藤が抜け出すと、GKと1対1の場面から落ち着いて決め、先制した。
前回対戦時(5月30日)は先制した2分後に追い付かれたが、今回は11分後、岩上の右クロスに飯田が頭で合わせ、逆に突き放す。
無失点で折り返した後半、鹿島は攻撃的な選手を相次いで投入。浴びるシュートは増えたが、集中を切らさずしのぎきった。

7連敗のつけは大きく、指揮官が「相手がシュートを外してくれたし、こちらが崩し切れたわけでもない」と振り返ったように、反省点もある。田中が「今季は波がある。これを続けていかないと意味がない」と戒めた通り、真価を問われるのはここからだ。
喜山は「勝つ喜びを忘れていたので、ここからまたスタートしようと、ロッカールームでみんなと話した」と明かし、「またサポーターと一緒に喜びたい」。
喜びと自信を力に変え、浮上のきっかけにしたい。
(長岩将弘、松尾尚久)

第2ステージ開幕 浦和に敗戦だが光も見えた

150714yampJ1第2ステージは11日に開幕し、各地で第1節を行った。ここまで15位の山雅は、無敗で第1ステージを制した浦和レッズとアルウィンで対戦し、1-2で敗れた。リーグ戦6連敗となったが、2人の新戦力が先発し躍動。猛攻を見せる時間帯がありシュート数も上回るなど、王者を相手に善戦し、明るい兆しもうかがわせた。
好天にも恵まれ、詰め掛けた観客は1万8605人。5月23日の横浜M戦に次ぐ、歴代2位を記録した。
序盤に主導権を握ったのは浦和。山雅は前半12分、自陣左サイドの突破を許すと、クロスに頭で合わせられ失点。その後は耐えてしのいだものの、リードされて折り返した。
後半立ち上がりに連続CKを得てチャンスをつくるも、直後の7分には2失点目。
しかし、その後は相手の攻勢が緩んだところを攻め、徐々に攻撃のリズムが生まれた。17分、CKの流れから喜山が頭で浮かせたボールを、酒井が蹴り込み1点を返す。
勢いづいた山雅は終盤まで攻め立て、後半だけで浦和の6本を上回る8本のシュートを放ったが、及ばなかった。
反町監督は「勝ち点が取れないのは全て私の責任」とうなだれつつ、「選手たちはよくやってくれた。少しずつ光が見えてきた部分はある」。先発した安藤、工藤も、個人的な手応えに加え「もっとできるチーム」と口をそろえる。
とは言え、何よりほしいのは目に見える結果だ。次節は中3日で、年間2位の広島と敵地で対戦する。
一矢報いた酒井は「今日はホームの雰囲気も大きかった。アウェーでこういう戦いができるかが大事」と、口を引き結んだ。
いよいよ始まったシーズン後半戦。手応えを結果に変え、浮上のきっかけをつかみたい。
(長岩将弘、松尾尚久)

笑顔で英気養い後半戦へ ファン感謝デー開く

150707yamp山雅は4日、サポーター会員を対象としたファン感謝デーをアルウィンで開いた。あいにくの曇り空だったが約2500人が訪れ、試合中とは違う表情をのぞかせた選手たちと多彩なイベントで交流。多くの笑顔や歓声に触れた選手たちも、1週間後に始まる第2ステージに向け、気持ちを新たにしていた。
来場者はサイン会やミニゲーム、コンコースでの参加型イベントなどの他、販売ブースの手伝いに参加した選手らと触れ合った。
ピッチ上のステージで選手やクラブスタッフが出演したイベントは、オーロラビジョンでも中継した。
トリは昨年に続き、選手チームと指導陣チームとのPK対決。昨年の雪辱を期した指導陣だったがまたしても敗れ、罰ゲームの写真撮影をし、喝采を浴びた。
閉会セレモニーで選手を代表した村山は「成績がいまいちで不安だったが、多くの人に来てもらえて感謝している」と心情を吐露。
「厳しい状況だが、だからこそ一丸となって、第2ステージに向けていい準備をしている。(初戦で当たる今季無敗の)浦和をアルウィンで止めたいと、選手全員が思っている」と意気込みを語ると、観客席からは拍手と声援が降り注いだ。
(長岩将弘)