月別アーカイブ: 2014年10月

J2第38節 富山に2-1で勝利し2位確定に王手

141030yampJ2は26日、各地で38節を行った。J1自動昇格圏内の2位を維持する山雅は、最下位のカターレ富山とアルウィンで対戦。躍動する相手に苦しむ時間帯もあったものの、しぶとく山雅らしさを貫き、2-1で勝った。勝ち点3を上積みしたことで、アビスパ福岡との次節にも今季2位が確定する可能性があり、ついに昇格に王手をかけた。
富山にとって、負ければJ3降格が決まる可能性のあった今節。反町監督が「相手は捨て身。ボールへの執着心や球際の激しさに少し押された」と振り返った通り、前半は富山の気迫あふれるプレーの前に好機をつくれず、0-0で終えた。
山雅が均衡を破ったのは、得意のセットプレーから。後半17分、右サイド深くで得た岩上のFKに、大久保が頭で合わせて先制。さらに26分、飛び出した相手GKの隙を突き、飯田が体勢を崩しながらも相手クリアボールを左足で押し込む。
2分後に相手FKから1点を返されたが、勢いづいた富山の攻勢をしのぎきった。
山雅は次節に勝てば今季2位が確定。引き分けや負けでも、他チームの動向によってはその可能性がある。
試合後の指揮官や選手は異口同音に、「目の前の試合だけを見据える」と、これまでと変わらない姿勢を強調。「俺たちは強いチームじゃない。ただ、粘り強く戦っている」という田中の言葉からは、チーム内に漂う充実感や自信もうかがえた。
自動昇格争いにピリオドを打つべく、揺るぎない信念で敵地に乗り込む。
(長岩将弘、松尾尚久)

後援会安曇野支部が穂高神社で昇格祈願

安曇野市の山雅後援会安曇野支部は11月1日、松本山雅FCのJ1自動昇格祈願のイベントを開く。「安曇野から山雅を盛り上げよう」を合言葉に、地域の清掃と、穂高神社での祈願を行う。
午前8時、安曇野市の穂高神社北側駐車場に集合。30分ほど神社やJR穂高駅周辺のごみ拾い。その後、穂高神社で、昇格祈願をする。
秋の観光シーズンで、安曇野スタイルの期間中でもあることから、「山雅、安曇野のイメージアップを図ろう」と実施。自動昇格が見えたため、地域のファンの裾野もさらに広げたい考えだ。
辻谷洋一支部長(37)は「この絶好のチャンスをつかみ、一気に突っ走ってほしい。J1に昇格することが、地域の活性化にもつながる。気持ちを1つに、みんなで応援しよう」と張り切っている。
軍手持参。雨天決行。辻谷支部長・電話080・1604・9472

カタクラモール一帯の再開発へ 市民の勉強会など続く

松本市のカタクラモール一帯にイオンモールが計画している再開発に対し、市民がその内容を知り、周辺地域への影響について考えようという勉強会やフォーラムが相次いで開かれる。20年後、30年後の松本をより魅力的な街にするため、市民団体が集める署名も、1万人近くになっている。
【ナワテ通り商業協同組合】 30日午後6時半、四柱神社参集殿で、商店主のための街づくり学習会「イオンモール計画をどのように考えるか?」。講師は都市計画家の倉澤聡さん。再開発計画で明らかになっていることなどを参考に、既存の商店街、松本の街づくりに与える影響を考え、これからの街づくりの方向性を探る機会を提供する。一般市民も参加できる。
愛知県岡崎市のイオンモールを見学したという同組合副理事長の大月利雄さん(64)は「空き店舗が多くなり、中堅のスーパーも打撃を受けるのではないか。既存の商店にとっては脅威で、交通渋滞も心配」と話す。大月さん電話39・2163

【松本青年会議所】 11月12日午後7時、県松本勤労者福祉センターで、まつもと市民フォーラム「『カタクラ再開発』から読み解くまちづくりと市民像のあり方」。再開発は一部の人だけでなく、松本全体に大きな影響が予測されるとし、市民が主体的に街づくりについて考える場とする。
2部構成で、1部は「カタクラ再開発」の論点整理。経緯を振り返り、現状を整理する。2部は車座ふるさと座談会で、「今後のまちづくりの方向性とあるべき市民像について」。参加者が車座になり、それぞれの考え方を言ったり聞いたりする。
JC総務政策発信委員会の井上博文委員長(40)は「他県のイオンモールは郊外型。地方都市の中心市街地のモールは、1つのビジネスモデル。出店は反対ではないが、自分たちがどんな街に住みたいのか、巨大なショッピングモールが本当に松本の活性化につながるかなどを考えてほしい」としている。松本JC電話32・7646

【市民有志の勉強会】 商店街関係者など市民有志でつくる「未来の子供達のために魅力ある松本にする会-今井五介翁の偉業、遺産を学びながら」(横内祐一郎会長)は11月24日午後0時50分、県松本勤労者福祉センターで。市文書館前館長の小松芳郎さんが「片倉産業遺産群と今井五介翁」、建築家の降幡廣信さんが「カフラスを残すことにどんな意味があるのか」と題して話す。
同会は、カタクラ産業遺産群を活用し、より魅力的なモール、街にしてと、計画変更を求める署名活動を行っていて、これまでに1万人弱が集まった。
建築家の倉橋英太郎さん(64)は「この遺産群を利用し、これまでにないイオンモールを造ってほしい。(署名は)11月末までに5万人が目標」と話している。事務局電話26・6765
(八代啓子)

生涯にわたり広い視野 塩尻で「庄屋の遺した軍用絵図展」

塩尻市洗馬の本洗馬歴史の里資料館は12月23日まで、企画展「庄屋の遺(のこ)した軍用絵図展」を開いている。江戸時代後期、旧洗馬郷小曽部村の庄屋、新倉伴右衛門董宗(ただむね)が収集した合戦布陣図や城郭縄張図など28点を展示している。
伴右衛門董宗は、洗馬郷が属していた高遠藩の財政再建に奔走。陣頭指揮のため江戸に住んでいた際、松平定信などと接触し機密的情報や資料などを入手しやすい関係を築いたと考えられている。
青年期から兵学に興味を持っていたこともあり、今回の展示品は関ケ原合戦布陣図をはじめ、理想とする陣営を上杉謙信陣を想定して記した謙信公御旗本座備図、江戸城縄張図など旺盛な探求心を物語る。
ほかに安政の大獄てんまつ書などの幕末事変の資料、政務のかたわら続けた文筆活動で集めた風詠図など。すべて、現在、下小曽部在住の新倉家が保存する「新倉両家古文書」からの出展。同館指導員の中原文彦さんは「生涯にわたり、これだけ広い視野を持っていた人がいたことを知ってほしい」と話す。
金―日曜、祝日のみ開館。午前10時―午後5時。入場料は高校生以上150円。同館電話54・5520
(井出順子)

悲劇を乗り越える力 9日松本で精神科医の桑山さんがライブステージ

一般社団法人松本映画祭プロジェクト(松本市大手4)は、11月9日、松本市のピカデリーホールで、「地球のステージ―悲劇を乗り越える力―MATSUMOTO4」を開く。精神科医の桑山紀彦さん(宮城県)が紛争地や災害地域で出会った人々の姿を、オリジナルの歌とハイビジョン映像で伝えるライブステージ。桑山さんがナビゲーター役を務め、核兵器廃絶や平和、命の大切さについて考えてほしい、と呼び掛けている。
パレスチナ自治区のガザ地区での子どもの心のケア活動の様子の他、紛争の近況を伝える「ガザ危機篇」、東日本大震災で多くの犠牲者が出た宮城県名取市の人々が、震災と向き合い、震災を伝える活動を続ける姿や、子どもの心のケアを通し、当たり前の日常の大切さなどを伝える「東日本大震災復興篇」、被爆当時のことを語り続ける人などを取り上げた「ヒロシマ篇」を披露する。
「家族を亡くすなど、つらい状況の中だが、希望があるから子どもらが笑える。悲劇を乗り越える力を感じ、それを共有したい」と松本映画祭プロジェクトの河西佳代さん(49)。
また、松本城周辺を空撮した風景を映す予定で、「ふるさと松本の美しさに触れ、いとおしく感じる気持ちを持ってほしい」としている。
午後2時開演。前売り一般1000円(当日1200円)、18歳以下500円(同700円)。松本映画祭プロジェクトなどで扱う。松本映画祭プロジェクト電話35・2810
(八代啓子)

暗闇の中で食事 「ダークネス・レストラン」で視覚障害者に理解を

暗闇の中で、食事をしてみませんか-。アイマスクをして食事をする「ダークネス・レストラン」(実行委員会主催)は11月15日午後5時、松本市のホテルモンターニュ松本で開く。見えないことを体験、視覚障害者の気持ちや状況を理解し、障害者が街中に出やすい環境をつくるきっかけにしたい考えだ。
食事はオードブル、魚や肉料理、デザート、そばなど。実行委員会の案内で着席し、「6時の方向に箸がある」など、説明を聞きながら食べたり、瓶の飲み物をコップについで飲んだりといった体験をする。
「視覚障害者は、なかなか街に出られない。自分が何を着ているか分からないし、女性は化粧もできない。信号では、一歩を踏み出すのがものすごく怖い」と実行委員代表の田中秀長さん(64、松本市浅間温泉1)。
食事については、▽運ばれてきた物が、どこにあるのか分からない▽箸で何をつまんだか分からない▽嫌いな物を食べてしまう|などの不便があり、なかなか外食を楽しめないのが実情だ。田中さんは「周囲から汚いと思われてしまうこともある」と話す。
英語、中国語、韓国語などの音声案内や表示がある半面、うるさいからと、音響装置付き信号機から誘導音が消えるといったこともあり、障害者にとってのバリアフリーはなかなか進まない。
こうした中、食事を通して、見えることのありがたさを感じ、障害者が当たり前に街中に出られる社会になればと、ダークネス・レストランを企画した。「不便さを伝えたいのではない。ハンディがあっても、一生懸命生活を送っていることを知ってもらえたらうれしい」と田中さん。
今後は、バイキング、車いすでの食事体験などの開催も考えている。田中さんは「『くらやみからえがおへ』がテーマ。自然に声を掛け合える社会の一歩になればうれしい」としている。
参加費3500円。定員50人。締め切りは31日。申し込みは実行委副委員長の奥家さん電話080・5148・1972
(八代啓子)

地元主婦目線で街巡り企画―「浅間温泉新そば祭り」に合わせ開催

「浅間温泉新そば祭り」(実行委員会主催)は11月1、2日午前11時-午後4時(2日は3時)、松本市の浅間温泉広場(ホットプラザ浅間隣)で開く。同時開催の、問題を解きながら温泉街をめぐる「ミステリー・ウォーク」は、幅広い世代の参加を狙い、地元の子育て中の主婦2人が設問をつくった。
3回目のミステリー・ウォーク。昨年まで県外の作家に小説仕立ての設問作成を依頼していた。しかし今回は、「地元目線の設問で浅間温泉の魅力を発信したい」と、同ウォーク実行委員長の野本道夫さん(80、浅間温泉)の助言を受けながら、実行委員の喜多久実子さん(38、同)と松崎明美さん(39、大村)が問題を考えた。
2人は、ベビーカーを押した人や高齢者が気軽に参加しやすいコース設定に配慮し、穴場スポットや裏道などもめぐり、知られざる魅力を感じられる工夫を凝らした。
同広場を発着点に7カ所のポイントを訪れ、歴史や文化、名産品などに関する問題を、見たり触れたりしながら答える。全て解答するとキーワードが導き出される。所要時間は30分ほどで、コースと問題は1日目と2日目で異なる。
設問用紙には2人が得意とするイラストや切り絵もあしらった。
両日とも午前10時45分から受け付け、各先着100人。小学4年生以上の参加者には抽選で農産物や入浴券、そば券などを贈る。
新そば祭りは、市内外のそば店やそば打ち愛好家団体など8つのブースが出店。浅間温泉周辺の特産品販売やコンサートも。温泉街の13の旅館や温泉入浴施設は両日午前11時-午後4時、400円で入浴を受け入れる。浅間温泉観光協会 電話46・1800
(青木尚美)

「K.テンペスト」公演に合わせ地元有志が出店

まつもと市民芸術館(松本市深志3)の舞台「K.テンペスト」公演期間中の29日-11月3日、同館2階のシアターパークに「テンペスト・マルシェ」がオープンする。地元の作家や店など33店が出店し、来場者を楽しませる。
同市開智のアート石けん作家小笠原志津子さんら市民有志が企画した。
K.テンペストは、魔法の力で思いを遂げたり、男女が恋に落ちたりする物語。マルシェでは、各店が「魔法とロマンス」をテーマに、さまざまな手づくり品を展示、販売する。
魔法の鏡をイメージしたフォトフレーム、陶器による家のオブジェ、魔女の木彫り人形、手鏡や指輪など多種多様。「観劇前後に体を楽にしては」とカイロプラクティックの店や、英語のラブレターなどを書いてくれる代筆の店などもある。
マルシェは開演2時間前から終演の1時間後まで営業。本公演の入り口は主ホール西側搬入口なので注意が必要。
シアターパークは入場無料。詳細は「街に魔法があふれだす」のフェイスブックページか同館 電話33・3800
(松尾尚久)