月別アーカイブ: 2014年2月

3月2日開幕 東京Vと対戦

140227yamp

今季のプロサッカーJリーグは3月1、2日に1部(J1)が、2日に2部(J2)が開幕する。昨季J2参入2年目の松本山雅FCは、19勝9分け14敗、勝ち点66で7位。昨季順位を上回り、プレーオフ進出を目指す今季は、開幕戦で昨季13位の東京Vと、敵地の味の素スタジアム(調布市)で対戦する。
指揮を執るのは引き続き反町康治監督。昨季から残る選手に、完全移籍の岩上を含め新戦力10人が加わり、34人で開幕を迎える。
チームは1月15日に始動し、静岡県御殿場市、静岡市、鹿児島市で計32日間の合宿を行った。J1大宮、J2京都などと、3次で計8試合の練習試合もこなした。
23日は山形村のアイシティ21で、恒例のキックオフイベントを開いた。松本のファンやサポーターの前に立つのは、新体制発表会以来、約1カ月ぶり。1000人余の参加者を前に、監督や選手が意気込みを語った。
壇上で今季の戦いについて聞かれた反町監督は「昨年と同じことをしていては7位で終わってしまうかもしれない。さまざまな点で、よりバージョンアップしていかなければ」と強調。「大事なのはスタイル。どんなフォーメーションを採用するにせよ、われわれのスタイルをいかに表現できるか」と、間近に迫った勝負のシーズンを見据えた。

雪でグラウンドが使えないため、チームは26日午後から静岡市へ移動して事実上の4次合宿を行い、そのまま開幕戦に臨む。
東京Vには、昨季1勝1分け。東京Vは昨季クラブ史上最低順位に終わったが、それだけ巻き返しへの思いも強いはずだ。
東京Vとの開幕戦は、山雅がJ2に昇格した12年シーズンの開幕戦と同カード。0-2で内容的にも完敗し、Jの洗礼を受けた相手だ。シーズン序盤、スタートダッシュへの弾みを付けるためにも、因縁の“緑ダービー”に注目だ。

【J2リーグ戦概要】 J2は昨季と同じ22クラブが参戦。本拠地と敵地で1戦ずつ行うホーム・アンド・アウェー方式の総当たり2回戦、全42節で争う。順位は勝ち点(勝ち=3、引き分け=1、負け=0)の合計で決め、勝ち点が同じ場合は得失点差、総得点数、当該チーム間の対戦成績-の順となる。
1、2位はJ1へ自動昇格。3-6位でトーナメント方式のプレーオフ(準決勝11月30日、決勝12月7日)を行い、優勝者が昇格の残り1枠を手にする。
ただしクラブライセンス制度により、財務や施設など各分野でJ1基準を満たしていないクラブは昇格できず、プレーオフにも出場できない(山雅は今季J1ライセンス交付済み)。
また今季から新設されたJリーグ3部に当たるJ3で、J2基準を満たすクラブが上位になった場合は、21、22位が入れ替え戦など降格対象となる。
【観戦チケットについて】 ホーム試合は、松本市神林の総合球技場アルウィンで21試合。前売り券はS席2900円(高校生以下1700円)、A席2200円(同1200円)、ホーム・アウェー側とも自由席1500円(同700円)など。コンビニエンスストアの情報端末などで購入できる。
当日券は各500円(高校生以下は300円)増し。未就学児は大人1人につき1人まで無料で、松本市や周辺の小中学生には学校を通じ、ホーム自由席の招待券を配る予定だ。ホーム全試合を観戦できるシーズンパスもある。問い合わせは松本山雅事務局電話88・5490
(長岩将弘)

ダイヤモンドダストに包まれて(松本市・美ケ原高原)

140206sikip厳寒の朝、ふんわりと宙を舞うダイヤモンドダスト。輝く細かな氷の光の物語の世界に包まれていると、天使たちのコーラスが聞こえてくるような気がした。透けて見えるのが雪との違い(ニコンD800E、ニッコールED80-200ミリ、PL)

厳寒の季節が訪れると心が熱く燃え、合いたくなる憧れの光景がある。「ダイヤモンドダスト」と美しい言葉で呼ばれる幻想的な自然現象である。
1月27日、無風快晴の朝を迎えた松本市の美ケ原高原。午前6時の気温は氷点下18・1度。「もしかしたら…合えるかも」との予感にかつてダイヤモンドダストを撮影した場所へと急いだ。時が止まってしまったかのようないてつく雪原に残る一筋の鹿道をアニメの「シシ神」に導かれるようにたどってみた。
カラマツ林を横切りながら、逆光線方向を振り返ったその瞬間、きらきら、ぴかぴか…と光の集団が煌(きら)めいている。
「ダイヤモンドダストだ」。夢中で撮影していると、いつしか濃いダイヤモンドダストの中に自分が包まれてしまった。目の前に広がる銀河を連想させるメルヘンの世界。浮遊しながら青空から静かに舞い降りてくる光景は、翼を持った天使の姿に映る。心の扉が開き癒やされていく…。パワースポットの聖域を感じながら大自然の神秘さに手を合わせて祈り、真っ白な雪の肌のカンバスに大きな文字で「感謝」と書いた。
ダイヤモンドダストは、大気中の水蒸気が昇華してできた小さな氷晶が浮遊する現象。当たる日の角度で金色や虹色に輝く。
(丸山祥司)