月別アーカイブ: 2013年10月

J2第38節 悪夢振り切る逆転勝ち 福岡に2―1

131031yampJ2は27日、各地で38節の11試合を行った。前節まで8位の山雅は、同15位のアビスパ福岡とアルウィンで対戦。先制されたが追い付き、後半ロスタイムに逆転して2-1で勝った。前節ヴィッセル神戸戦は、J昇格後の最多失点で大敗。悪夢を振り切る劇的な勝利は、プレーオフ進出戦線に踏みとどまったこと以上の価値がありそうだ。
「あと4試合で終わるつもりはないので、最後まで応援してください!」。逆転弾を放った喜山がヒーローインタビューのマイクに叫ぶと、割れんばかりの拍手と歓声が起こった。選手らのあいさつが終わっても多くの観客は席を立たず、アルウィンに凱歌(がいか)を響かせた。
「神戸は天皇杯3回戦でセレッソ大阪に0-4で敗れ、その悔しさを(翌週のわれわれとの試合に)ぶつけてきた。われわれも流した涙を無駄にせず、奮起しなければならない」。反町監督は試合前、苦杯を喫した相手を引き合いに出し、選手にハッパをかけた。
押し込まれる場面もあった前半を0-0で終えると後半3分、右サイドを破られて先制を許す。
岩上の右ロングスローからのボールを、飯田が頭で押し込んだのは23分。にこりともせず、ゴール内のボールを拾ってセンターサークルに戻した飯田は「引き分けは負けと一緒だと思っていた」。
4分と示されたロスタイムもほとんどが過ぎ、最後のプレーと思われた岩上の左ロングスローは、ゴール前で混戦に。飯田がヘディングでつないだボールめがけ、喜山が右脚を振り抜いた。
指揮官は「大敗して見放すのではなく、より応援しようとしてくれたサポーターの気持ちが乗り移った2ゴール。精神面でも強い選手の集団を築き上げてきた」と、気持ちでつかんだ勝利を強調。
「試合に出られないメンバーも含め、1つのチームという強い絆でやっていきたい。いいこと言ったなぁ」。おどけてみせた表情にも、自信と手応えがのぞいた。
(長岩将弘、倉科美春)

こだわりのスポーツジム 松本に2軒オープン

松本市内に10月、最先端器具を導入したりウエートトレーニングに特化したりと、こだわりのスポーツジムが2軒オープンした。オーナーは2人とも長年、体のトレーニングに関わり、独自の理論を持つエキスパート。手法は違うが「美と健康を提供したい」と張り切る。

松本市庄内の根本彰さん(49)は「リ:ボディマツモト」を島立の安曇野フィットネススタジオ内に。加圧トレーニングを主力に「県内初では」という支柱などに固定したロープを使い、自重を利用したトレーニング「TRX」を導入した。
安曇野フィットネスでは約5年前からオーナーの藤田将也さん(26)がピラティスの教室を開いており、「3種類のトレーニングができる効率のいい施設」(根本さん)。
根本さんは約10年前から栄養補助食品メーカーで販促を担当。スポーツの現場を間近で見続け、昨年までの約3年間は、高校生などを対象にした栄養や体調管理のセミナーを全国の約300校で開いた実績がある。
今回の独立では、こうした経験を基にトレーニングに関する正しい情報を発信したいとし、根本さんは「週1回を3カ月続ければ効果が出る。優秀なアスリートの育成にも貢献できれば」と話す。
入会・登録料1万500円、加圧トレーニングのショートプラン30分3820円から。根本さん電話080・3517・7737

安曇野市三郷の鈴木佑輔さん(29)は、ウエートトレーニングに特化したジム「B・A・D(ボディーアートデザイン)」を島内の清水口ビルに。ダンベルやバーベルなどを中心に、県内では珍しく筋トレ愛好者に人気が高い米国メーカーのノーチラス、ハンマーストレングスのマシンもある。
鈴木さんは高校時代からパワーリフティング(ベンチプレス、スクワット、デットリフトの3種目)競技を始め、信大進学後は、同市内のスポーツ施設で働きながらトレーニングを継続。4年前の県協会の設立を機にベンチプレス競技に復活。現在、66キロ級の日本選手権3連覇中で、12月にフィリピンで開くアジア選手権に出場するなど同競技の日本のトップ選手だ。
自身が現役を続ける上での環境を整えるとともに、選手を育成して競技の普及を目指す。ウエートトレーニングは姿勢を良くし、体の引き締めに効果的で、女性客への浸透にも力を入れる。鈴木さんは「本気で体づくりをしたいという人には全力で応える」と話す。
入会金5000円、月会費男性6000円、女性5000円、学生4500円。鈴木さん電話080・6635・5881
(浜秋彦)

フルコース料理を満喫―大町の食材で生産者と消費者が交流

JA大北や大町市内の農商観光、水産関係者らでつくる市地産地消事業実行委員会はこのほど、同市平のくろよんロイヤルホテルで「大町の食材を楽しむ会」を開いた。市民約60人が参加し、ジビエ(野生鳥獣肉)をはじめ、地元食材を使ったフルコースを満喫。生産者が食材に込めた思いを語り、消費者が耳を傾けた。
同ホテルの仙石耕一総料理長がメニューを考え、腕を振るった。美麻の鹿肉、大町黒豚、信州鶏を使った前菜、魚料理は青木湖産のシナノユキマス。メーンは美麻の菜の花オイルが香る大町黒豚肩ロース肉を低温で焼き上げ、季節の大町産野菜を添えた。
米の他、水は「黒部の氷筍(ひょうじゅん)水」、市内3蔵の地酒や大町産ワインで乾杯するなど食材に徹底してこだわった。
「鹿ロース肉の冷製ロースト」は、参加者から「臭みもなく、軟らかくておいしい」と驚きの声が上がった。鹿肉を提供した美麻ジビエ振興会の種山博茂会長(70)は「農家にとっては宿敵の有害鳥獣。できることなら捕れなくなった方が本当はありがたいのだが」と複雑な心境も。
大町の特産ジャンボニンニクを生産する氷鉋一師さん(40)は「若い農業者が増えないのは、収入が不安定で、地域とつながる接点が少ないから。もっと企業、商店、農家らが一体になって若者が農業に魅力を感じる施策を」と訴えた。
実行委員長の降旗隆男JA大北営農部長は「生産者と消費者が顔を合わせた貴重な場。大町のおいしい食材をPRし、地域を活性化させたい」と話した。
(高山佳晃)

ストライカーの責任 FW船山

後半ロスタイム。自ら放ってポストに弾かれ、ゴールラインの外に出そうになったボールに船山は素早く回り込んだ。ゴール前に送ったボールが飯田から喜山へ渡り決勝点に。船山の執念もまた、勝利を引き寄せた要因の一つだった。
昨季12得点を挙げたエースストライカーだが、今季は得点を影で支える動きも多い。「マークを振り切り1人で決められればいいが、まだそこまでの実力はない。周りを生かし得点につなげるのも大事な役割」と話す。
けがで欠場した神戸戦では、中盤から前線へボールを運ぶ船山の働きの重要性が浮き彫りになったが、「自分が出ても結果に差はなかった。個の力の差で負けた」と冷静だ。
また、本人はこうしたアシスト役をいとわない。「もともとストライカータイプではない。周りを生かし、自分でも決められるオールマイティープレーヤーを目指している」からだ。「ただ、自分にはストライカーである責任がある」とも話す。
山雅に来て3年。高い身体能力を生かした得点でチームを何度も勝利に導いてきた船山には、観客やチームからの期待が常に寄せられる。それに応えるため、J入り後に徹底的に磨いた走りは今や大きな武器だ。「良いプレーをしたとしてもすぐ次が来る。満足したことはない」。実力と努力の積み重ねでここまで来た。
今季が始まる前に立てた目標は「全てにおいて昨季を上回ること」。得点は現在10点。チームがプレーオフに進むためにも「必ずあと3点とる」と、強い気持ちを示す。
「勝たなきゃつまらない」。心にあるのはシンプルな思いだ。

民芸作家・画家 宮田嵐村さん遺作展 3日まで松本で

昨年92歳で亡くなった松本市里山辺の民芸作家、画家宮田嵐村さんの遺作展は11月3日まで、里山辺の山辺学校歴史民俗資料館2階の大広間で開いている。油彩画を中心に40点を紹介。歌うお面や踊る動物、静かな風景をはじめ豊かな発想から生み出された独自の世界が、来場者の心を引きつけている。
山の噴火の作品では、飛び散る岩石に怒りや悲しみなどの表情が描かれている。目を引くのは、頭が鳥になっている人々が登場する「黙して語らず」シリーズ。荒野を一人歩いたり、洞窟で祈ったり、頭蓋骨を手に踊ったりする彼らの姿は、静かながら強いメッセージを投げ掛ける。
宮田さんは大町市美麻出身。昭和30年代前半に里山辺へ移住し、額縁などの画材を製造、販売する傍ら、創作に打ち込んだ。戦時中は南方への従軍経験を持ち、長男の一さん(55)は「戦争の話をよくした。戦争を憎む気持ちや平和を願う気持ちが、絵に込められているのでは」と話す。
今展は里山辺、入山辺地区の物故作家などを1985(昭和60)年から紹介する「山辺学校歴史民俗資料館特別展」の29回目で、市教育委員会主催。宮田さんの作品がまとまって紹介されるのは、2003年に市美術館で開かれた個展以来10年ぶりで、展示部会長の出井東亜雄さん(69)は「バラエティー豊かな作品群を楽しんでほしい」と話している。
午前9時-午後5時。期間中入場無料。市教育文化センター電話32・7600
(松尾尚久)

紅葉の季節に新緑が共演(穂高連峰涸沢カール)

 131029sikip新緑と紅葉が共演。3カ月間の雪解け時期の違いが、春と秋を同居させ夏のない奇妙な光景を際立たせる(8日、涸沢ヒュッテ下部で)

「あのナナカマドはどうなりましたか?」。山岳紅葉シーズンの終わりを迎え、読者から心配する問い合わせが何件もあった。
あのナナカマドとは、8月27日付の四季彩で掲載した「生への執念、凄絶(せいぜつ)な芽吹き」のウラジロナナカマドのこと。
今シーズンの穂高連峰涸沢カールは、例年になく残雪が多かった。雪に埋もれて10カ月。8月、雪解けを待ちきれず雪中で黄金色に芽吹くウラジロナナカマドをルポし掲載。紙面は31日付の信濃毎日新聞朝刊1面の「斜面」で紹介された。
紅葉最盛期の10月8日、あのウラジロナナカマドの前に立つ。衝撃的な光景に言葉を失った。早く芽吹いた群落は、彩りも鮮やかに錦秋の涸沢を謳歌(おうか)している。芽吹きが3カ月も遅れた眼前の株は、葉も小さくまだ新緑の真っ最中。積算温度も日照時間も大幅に足りない。
時折、稜線(りょうせん)から吹き降ろす雪のにおいを運ぶ風が「命もあとわずか」と告げている。それでも新緑の株は、有終の美を飾ろうと生への執念をもやす。雪解けの違いが同居させた春と秋。緑と赤の補色の世界を際立たせ鮮やかに映る光景。胸が痛い。
17日、訪れた新雪で新緑の株は、夏も秋もないまま来春へ命を託した。
(丸山祥司)

質高いメークで生き残り 創業165周年の化粧品「田立屋」

松本市の大名町通りにある化粧品専門店「田立屋」(大宮康彦社長)が創業165周年を迎え、11月5日まで大創業祭を行っている。現存する国内化粧品専門店の中では最も歴史があるといわれる。郊外化やIT化など生活様式が大きく変わる中、常に新しい情報やサービスを提供することで生き抜く戦略だ。
創業祭初日の24日、店舗2階に7作のアート写真がお目見えした。1作ごとに赤や黄など色のテーマがあり、女性モデルに各色を基調にしたメークと花飾りが施されている。同社メークアップアーティストの大宮小依(さより)さん(35)が、市内のカメラマンや生花店と協力し1年かけて作った作品群だ。
「メークや色には、自分の気持ちを変えられる力があると伝えたい」と小依さん。この作品展に、同社が近年目指す店の方向性が示されている。
「日本のニーズはスキンケア中心だが、欧米はメーク。アメリカの化粧品店には免許を持つメークアップアーティストがいて、客に質の高いメークを提案する。田立屋は今、そういう店を目指している」と大宮社長。
小依さんは11年から3年連続、資生堂メークチームに選抜され、世界的ファッションショー「ニューヨークコレクション」に参加。世界最高峰のプロと仕事をし、多くを学んできた。月に1度、同社スタッフにメーク指導を実施。眉スタイリングなど美容メニューも増やしている。
視線の先にあるのは、カタクラモール再開発やネット販売の普及など。「他にない専門性を持ち、違いを明確にしなければ、いくら歴史があっても生き残れない」と大宮社長は表情を引き締める。
全国化粧品小売協同組合連合会によると、ピーク時に2万あった加盟店(本店のみ)が、02年に約1万店、現在は約6000店に減少。価格競争、ドラッグストアや通信、ネットでの販売など、化粧品を手軽に買える時代の影響もある。
しかし、大宮社長は「自分に本当に合ったものを、納得した上で買う時代に移行してきている」と指摘。「商品に秘められた付加価値をきちんと説明したり、メークをはじめさまざまな美容を提案したりしながら、『美しくありたい』という女性の気持ちに応えたい」と力を込めた。
【田立屋】1848(嘉永元)年に、初代の大宮徳重が田立村(現南木曽町田立)から松本の博労町へ出店したのが始まり。当時から女性向けの装飾品や化粧品を扱った。
71(明治4)年、大名町へ移転。87年には自社化粧水「京の水」がヒット。1927(昭和2)年、当時としては珍しい、商品を陳列販売する方法を取り入れた。73年、店を近代ビルに。現社長は6代目。
(松尾尚久)

信大生が12月15日に初の「ビジネスコンテスト」

信大生は12月15日、松本商工会議所ホール(松本市中央1)で、「ビジネスコンテスト」を初めて開く。学生が考えたユニークなアイデアを、経営者や市民の前で発表する。
学内で行う募集に応じた学生が、10分でプレゼンテーション。商工会議所青年部のメンバーと信大経営大学院の教授が「独自性」「社会性」「収益性」「実現性」を基準に審査し、優勝者を決める。
企画したのは4月に発足した、学生8人でつくる運営サークル「TFNK」。代表の薦田夏実さん(22、人文学部4年)と副代表の柴沼凌さん(21、経済学部4年)が、都内で積極的に行われている学生のビジネスコンテストに興味を抱いたのがきっかけだ。
2人は「地元で行われれば出場したい」と調べたが、松本市内や松本キャンパス内でこうしたコンテストはなかった。「松本には学生がビジネスについて考える機会がないが、自分の考えを披露したいという学生は多いのではないか」と考え、自分たちで開催しようと思い立った。
起業に関するセミナーなどを開いている同商工会議所に話を持ち掛けたところ快諾。青年部の経営研修委員会が協力してくれることになった。
同会委員長で経営コンサルタントの原祐治さん(44)は「学生のビジネスプランを聞くことで、若者の目から見た社会の足りない点を知ることができる」と話す。
「アイデアを考えるヒントにしてほしい」と、このほど同委員会のメンバー3人が講師を務めるセミナーを学内で開き、学生約20人が集まった。
薦田さんは「『何かを変えたい』と考えている学生の熱意を感じてほしい。来年以降は信大生に限らず、松本平の若者が参加できるイベントにしたい」と話す。
(倉科美春)