PVの魅力 喜び膨らみ悔しさ分け合う

171019yampファンやサポーターが集まり、大画面で試合を観戦する「パブリックビューイング(PV)」。敵地を含め、今季はインターネット動画配信サービスでリーグ全試合を見ることができるが、わざわざPVに足を運ぶのはなぜだろう。松本市が主催し、山雅の協力で14日にアルウィンで行われた千葉戦のPVを取材し、魅力を探った。
当日は屋根があるメーンスタンドと、バックスタンド南側の一部を使用。肌寒い曇り空だったが、試合開始2時間前の開場直後からユニホームや応援グッズを身に着けたサポーターが次々と来場し、約1200人が集まった。入場は無料だ。
ピッチ上でサッカー教室などのイベントが行われるのは、アルウィンでのPVならでは。コンコースに飲食ブースが出店、試合直前には出場選手の紹介映像が流れて手拍子も起こり、ホーム試合さながらの雰囲気だ。
安曇野市三郷の太田浩一さん(36)は長男で小学2年生の空伴(そらとも)君(7)とPV初参加。今回は市街地のホールなどで行う一般的なPVより規模が大きいこともあり、「大勢で熱気を共有できるのが魅力」と浩一さん。空伴君も「アルウィンに来るのが好き」と笑顔だ。
「一度参加してみたかった」と言う山形村の山下恒平さん(37)は、長女で小学4年生の詩乃さん(10)と次女の結乃さん(4)を連れて“参戦”。
山下さんは、コールやチャントなど組織だった応援がない点などを挙げ、「(ホーム戦と)全く同じというわけにはいかない」としつつ、「松本にいながら大勢でアウェー戦を見て盛り上がれるのは楽しみ」。
松本市神林の太田清子さんは、夫の誠一さん(74)や友人ら5人で来場。動画配信サービスに加入していないのも理由の一つだが、何より「みんなで大声で騒げるのがいい。家での観戦は楽かもしれないが、この雰囲気は味わえない」と強調した。
試合が大型ビジョンに映し出され、山雅は押され気味で序盤に失点。前半は何度かあった得点機を逃し、歓声がため息に変わった。後半、工藤のループシュートで同点に追い付いた時は、目の前で試合を見ている時と同様にタオルマフラーを振り回して盛り上がったが、その後は失点を重ねて大敗。
「最悪。悔しい!」と言う空伴君の手を引き、太田浩一さんは「こういう思いも共有できるのがPV。悔しさが晴れるわけではないが、周りを見ればみんな同じ気持ちだと分かります」。
太田誠一さんは「悔しさもやるせなさもあるが、みんなであれこれ話しているうちに、次こそ勝とう、また応援しようという気になる。家で見てたら、感情の持って行き場がないよね」とほほ笑んだ。
皆で観戦すれば勝利の喜びは何倍にも膨らみ、敗れた悔しさは分け合えるのがPVの魅力。ただ、やはり勝って盛り上がりたいものだ。
松本市は今季、9月以降のアウェー戦5試合でPVを開催し、残りは2回=表。問い合わせ先は主管する松本商工会議所電話32・5345。同市大手4の「喫茶山雅」はアウェー戦すべてで、事前申し込み者を対象にした観戦イベント(有料)を開いている。喫茶山雅電話75・8050
(長岩将弘)