J2第15節 湘南に1―2 今季初の連敗

170523yamp

前節(17日)、敵地で山形に0―1で敗れ、中3日で強敵の湘南をホームに迎えた山雅は、今季初の連敗を喫し5戦勝ちなしで14位に後退した。1、2位がJ1に自動昇格する現行制度になった2012年以降、15節以降に2桁順位を記録したチームが自動昇格した例はない。「これが今の実力」と力なく繰り返す反町監督の表情に、浮上への光明は見えない。
「チーム力の上積みが、いろいろな意味で足りていないという言い方になるかもしれない」。躍動感や前への推進力が薄れていること、主力を脅かす若手の不在などを挙げながら、指揮官は現状をそう分析した。
「完全に崩されているわけではなく、『あれ、どうしちゃったんだろう』でやられている。そこをどう修正していくか」とし、「私やスタッフの考え方を集約して何かを変えなくては、このままシーズンが終わってしまう」と焦りも口にした。
「山形に負け、がむしゃらさやハードワークが足りないのを選手間で再確認した」と言う岩間は、「今日は久々に自分たちらしさを出せたが、結果がついてこない」。
飯田も「勝つためには今日の後半のようなハードワークや球際での争いを練習から追求し、チームとしてそういう姿勢を取り戻すことが大事」と訴えた。
首位との勝ち点差は11に広がり、逆に降格争いの20位とは9差に。「しっかり前を向き、選手たちとともに死にものぐるいで頑張る」。反町監督は自らを奮い立たせるように話した。

J2は21日、第15節を行い、10位の山雅は3位の湘南ベルマーレに1-2で敗れた。
山雅は前半から相手のスピードや球際の強さに押され、後半開始早々に先制を許した。6分後に安川の左スローインを受けた石原がペナルティーエリア手前からシュートを決めて追い付いたが、9分後、自陣右CKの流れから左クロスを頭で合わせられ、勝ち越された。
次節は28日、19位ツエーゲン金沢と石川県西部緑地公園陸上競技場(金沢市)で対戦する。午後7時開始。昨季の対戦成績は山雅の2勝。

【選手コメント】
20番・石原(今季初得点) 今日は前のほうで使ってもらったのでシュートと得点は意識していた。いい形でゴールでき、自分自身はプラスに捉えているが、チームは勝っていない。前線の選手が得点に絡むのは当然。ミスをつぶし、しっかり準備して次節を戦う。
33番・安川(先発で8試合ぶり出場) チームの役に立てればと思ったが負けて悔しい。前半、カウンターや早い切り替えで、もっと前に出ていければよかった。得点の場面は、とにかく早いリスタートを心掛けて投げた。狙ったというよりイシ(石原)がうまかった。
13番・後藤(J2通算200試合出場) 昨年の結果に慢心しているとは思わない。まだシーズン3分の1が終わったところ。チャレンジを恐れず、しつこく頑張っていけば道は開けるはず。
31番・橋内 2、3試合勝てなかった時点でみんな危機感を持ったはず。昇格を目指すなら、ここまでの状況になってはいけない。
今日はしっかり走れていたし、相手の長所の球際でも僕らが上回った部分がある。少しでも良いところを拾い、継続していかなくては。
(長岩将弘、大山博)