J2最終42節 「らしさ」全開・水戸に3-0完勝

141127yamp松本山雅は、23日の第42節水戸ホーリーホック戦でも自分たちのサッカーを表現し、J1昇格を決めた2014年シーズンをいい形で締めくくった。
前線から守備をし、ボールを奪ったら素早く前へ運んでシュートを打つ。点が取れなくても、そこで得たCK、FK、スローインなどから相手ゴールを何度も襲う。相手にボールを奪われたらすぐに複数人で体を寄せ、再びボールを奪って速攻を仕掛ける。
前線の選手が後ろまで来て守り、後列の選手が最前線まで攻め上がる「山雅らしい」ダイナミックな攻撃的サッカーで、見る者を魅了した。

開幕戦はアウェー東京V戦、船山のハットトリックで始まったが、ホーム戦でも心に残るプレーが数多く生まれた。4月26日岐阜戦の岩上のFK、8月10日栃木戦の船山のミドルシュート、7月26日東京V戦での村山のビッグセーブ…。5月24日磐田戦の激闘、11月9日千葉戦のJ1昇格凱旋(がいせん)試合での完勝など心を熱くする試合もあり、数え上げればきりがない。
サポーターをスタジアムへ向かわせた要因は、勝利だけではなく、90分間あきらめず、ひたむきにプレーする選手たちの姿だ。
選手は昨季J1昇格プレーオフ進出を逃した悔しさ、サポーターやボランティアの支え、チームメートへの思いなど、さまざまなものを抱いて戦った。その数が多かったからこそ最後まで全力で走り抜けられたに違いない。
チームはJ2フェアプレー賞を獲得。熱くてクリーンな戦いをした。熱くて礼儀正しく、フレンドリーなサポーターと共に、アルウィンにすがすがしい空気をつくり出した。
最終節戦後、ゲーム主将の飯田はサポーターにこう呼びかけた。
「皆さんの手はゴールが決まった時に隣の人と喜びを分かち合い、声は僕たちに勇気をくれるものであって、決して誰かを傷つけるものではありません。周りを見渡してください。このスタジアムには年配の方、子ども、車椅子の方など幅広い人がいます。中でも子どもたちはクラブの宝。皆さんと一緒に、10年後、20年後ここで試合をするかもしれない子どもたちが安心して夢を見られるスタジアムづくりをしていきたい」
選手とサポーターがこうした思いを共有した“仲間”(飯田)でいる限り、山雅は成長を続けるだろう。
(松尾尚久)