J1昇格ならず 生命線の堅守破れ岡山に1-2

161129yamp

J1復帰かなわず-。サッカーJ2の松本山雅FCは27日、J1昇格の残り1枠を争うプレーオフの準決勝でファジアーノ岡山と松本市のアルウィンで対戦し、1-2で敗れた。降りしきる雨の中、1万人を超すサポーターが声をからして山雅を後押ししたが、あと一歩で決勝進出を逃した。
山雅は前半23分に先制される苦しい展開だったが、後半29分にパウリーニョ選手がコーナーキックに頭で合わせて同点にした。しかし、残り数分となった後半ロスタイムにまさかの失点。試合終了の笛が鳴り響くと選手はグラウンドに崩れ落ち、倒れ伏した。
決勝進出を確信していたサポーターもしばし沈黙したが、すぐに健闘した選手たちをスタンドからたたえ、「来シーズンこそJ1へ」と大きな声でエールを送った。
山雅を北信越リーグ時代から応援しているという菊田直由さん(40、笹賀)は「シーズン3位で来たのに、こういう結果は悔しい」としながらも「選手はみんな頑張った。J1だろうがJ2だろうが、山雅を応援する気持ちは変わらない」と来季を向いていた。

負ければ終わりのトーナメントで争うプレーオフの初戦。年間順位で上回る山雅はホーム開催で、引き分けでも決勝に進める有利な立場だったが、土壇場の失点で敗れた。「1年を通して、こういう場面は何度もあった。改善し切れなかった」と岩間が悔やんだ通り、最後も詰めの甘さに泣いた。
山雅はほぼボールを支配して攻め続けていた前半23分、カウンターのロングボールにヘディングで競り負け、拾った岡山FW押谷に決められ先制を許す。
後半も開始直後から何度も決定機をつくったが、時に5バックを敷いてブロックをつくる岡山は最後の一線を割らせない。それでも29分、途中出場の宮阪の左CKにパウリーニョが頭で合わせ、同点に追い付いた。
しかし、リーグ1~40節は1試合平均0・7失点だったのが41、42節は2失点し、この日を含めて3戦続けて前半に先制された山雅は、生命線の「堅守」を取り戻せなかった。後半ロスタイム2分過ぎ、岡山FW赤嶺に最終ラインの裏にフリーで走り込まれ、勝ち越し点を奪われた。
年間勝ち点で2位清水と並びながら得失点差で自動昇格を逃し、勝ち点19差をつけた6位岡山に昇格の望みを絶たれる厳しい現実。
反町監督は「気持ちの整理がつかないが、実力がなかったということ。全て私の力不足」と責任を背負い、「これより強いチームをつくるのは至難の業。選手には、年間勝ち点84は胸を張っていいと伝えた」と健闘をたたえた。問われた来季の去就は明言を避けた。
打ちひしがれる選手が多い中、田中は「何かが足りないから負けた。悔しさをばねにその何かを見つけ、埋めていかなくては」と、必死で前を向いた。
試合後、今季限りでの現役引退を表明した在籍最長の鐡戸は「(加入した)09年からいろいろなことがあったが、山雅は着実に前に進んでいる」とし、「来季もチャンスはある。昇格、J1定着と前進し続けてほしい」。
それは雨の中、最後まで声をからしたファンやサポーターの願いでもある。ここから立ち上がり、新たな一歩を歩みだすことができるか。
プレーオフもう1試合の4位C大阪-5位京都は1-1の引き分け。年間順位で上回るC大阪が、J1昇格を懸けて12月4日の決勝で岡山と対戦する。
(取材班)