5連敗喫し第1ステージは15位 湘南に2-3の逆転負け

150630yampJ1は27日、各地で第1ステージの最終第17節を行った。前節まで15位の山雅は、同10位の湘南ベルマーレとアルウィンで対戦し、2-3で逆転負け。順位は変わらず15位ながら、リーグ戦5連敗というJ1の洗礼を受けてシーズンを折り返した。
得点直後の失点を2度繰り返し、反町監督は「なんともコメントが難しいゲーム」と苦りきった。
風下の前半は苦しむ場面もあったが相手にも決定機を与えず、0-0で切り抜ける。
後半8分、田中が獲得したPKをオビナが決めて先制したものの3分後、相手のFKがオウンゴールになり同点。さらに27分にはドリブルで持ち込まれ、逆転を許した。
42分にはオビナが競ったボールを途中出場の阿部が押し込み追い付くが、わずか1分後、自陣右からのクロスに頭で合わせられた。
「スーパーなプレーでやられているわけじゃない。ほんの小さなミスで流れを手放し、大きなダメージを受けることが多すぎる」と、田中はうめく。

ヤマザキナビスコ・カップも含めれば、すでにJ1で23試合をこなした。国内最高峰の舞台に悪い意味でも慣れ、油断や慢心が顔をのぞかせていないか。
2週間後の第2ステージ初戦は、無敗で第1ステージを制した浦和をアルウィンに迎える。
「弱い俺たちに休んでいる時間はない」と田中が言えば、「このまま同じことをやっていても駄目だというのが大前提。いろいろな面で細かい修正をしなくては」と指揮官も言い切る。
J2C大阪から安藤、広島から工藤といった、出場機会に飢えた新戦力も加わる。「競争が少なく、結果的に固定化した」(反町監督)出場メンバーにも変化があるだろう。
「まだ34試合目ではない。ここからはい上がれるかどうかだ」と、指揮官は力を込めた。
(長岩将弘)