1次キャンプ終了 チーム構築は順調

170131yampJ2松本山雅FCのキャンプが順調に進んでいる。1月24日から静岡県御殿場市で6日間行った1次キャンプは、体力強化のほか守備戦術にも着手した。反町監督は、当初2割程度まで持っていきたいとしていた完成度について「3割ほどはできた」と話し、手応えをうかがわせた。
1次キャンプ最終日の29日は、2戦目となる練習試合を産業能率大(神奈川)と行った。35分を3本行い、1本目は0-1、2本目は飯田のゴールで1-0、3本目は谷奥、後藤に加え、2本目途中から出場した新人の岡が2得点し4-1だった。
昨季までのメンバーが多く残ることもあり、今季はできるだけ早くチームをつくり上げ、足りない部分をプラスしていく方針だ。
反町監督は「天候にも恵まれ、やるべきことはできた。大きなけがをする選手もおらず、全体的にいい合宿だった」と振り返り、この日の練習試合についても「ここまでやってきたことについては、きちんと狙いを出せた」と評価した。
2次キャンプ(2月1~5日・静岡市)は引き続き守備を中心に取り組み、3次キャンプ(同6~17日・鹿児島市)は攻撃面に重点を置く。26日の開幕戦前の1週間で足りない点を整理するというプランを描き、状況によっては4次キャンプを行うという。