雪崩の巣の中で目覚める山小屋(北アルプス穂高連峰涸沢)

160428sikip涸沢ヒュッテ新館2階、ユキザサと呼ぶ部屋。天上から落ちた霜が床に凍り付き、冬将軍の猛威に耐えた光景が入ったばかりの光に浮かび上がる=ニコンD3、ニッコールED28-70ミリ、4月14日

深い残雪に埋もれたまま春を迎える北アルプス穂高連峰・涸沢。この氷河圏谷(カール)の底にある涸沢ヒュッテ。例年、大型連休前に行われる小屋の掘り出し作業の厳しさと苦労は、全国の山小屋にも類がない。
本隊入山1日前の14日午前、小屋の掘り出し作業の先発隊に同行。冬将軍の猛威に耐え、雪崩の巣の中で目覚める涸沢ヒュッテを目の当たりにした。
涸沢ヒュッテの目覚めは、新館2階のユキザサと呼ぶ部屋の小さな窓から始まる。真っ暗な部屋の中から一つだけ開いた小さな窓の明かりを眺めていると、涸沢に生きる2人の言葉が脳裏をよぎる。「涸沢ヒュッテの歴史は、雪崩との闘い。だが人も小屋もくじけなかった」と小林銀一会長。雪崩に「よく耐え、頑張ってくれた」と無事だった小屋に必ず語りかける山口孝社長。涸沢ヒュッテでは、小屋開け作業を親しみを込め「涸沢のお正月」と呼ぶ。
突然「おーい」。外でだれかが呼んでいる。そんな気がして小さな窓から急いで出てみた。まぶしい銀世界のステージから見上げる穂高連峰。紺碧(こんぺき)の空を切る険しい雪稜(りょう)が太古の表情で迫ってくる。岩峰岩壁を越え、ルンゼを越えて…。穂高の大自然が奏でる壮麗な春の交響詩「目覚めの刻(とき)」が聞こえてくるような気がした。
(丸山祥司)