鉄戸のJ2通算100試合を祝う

試合前、7月27日の北九州戦でJ2通算100試合出場を達成した鉄戸を祝うセレモニーが開かれた。「てっちゃん100試合出場おめでとう」と書いた手作りの横断幕を掲げるサポーターの姿もあり、「たくさんの人に応援してもらい、たどり着けた」と笑顔を浮かべた。
06-08年に在籍したサガン鳥栖(当時J2)で計45試合、昨季山雅で37試合。しかし、今季はレギュラーに定着できず、出場数は今試合を含め20試合にとどまる。
特に、4失点した6月22日の山形戦後は、ベンチメンバーからも外れ、練習も控え組に加わった。「自分にとってすごく重い出来事だった。試合に関われるメンバーとの差を感じ、落ち込んだ」
そんな時、「ある人から『まずはサッカーを楽しめ』と言われ、楽になった」という。
今は、原点に戻ることを心掛けてプレーしている。今試合は、北九州戦に続きフル出場を果たした。
葛藤を乗り越える中で迎えた節目。次に何を目指すのかを尋ねると、「J1でプレーしたい。もちろん山雅で」と、変わらない目標を口にした。