過去最多45店の出店で今季「スタメシ」も熱い!

150421yampアルウィンのスタジアムグルメ「スタメシ」が、今季も熱い。新規12店を含め、過去最多の計45店が出店。全試合で再入場が可能になったことで、場内の混雑緩和と同時に、これまで利用時間が限られていた場外販売エリアの使い勝手も増した。大型連休にかけての過密日程でホーム戦が増えるなか、多彩なスタメシも楽しんでみてはどうだろうか。
「ヤマガーデングルウィン」の愛称がついた販売エリアは7カ所。45店のうち一部を試合ごとや季節によって入れ替え、毎試合計31店が軒を連ねる。その日の出店者などは、事前に山雅ウェブサイトの「ホームゲーム情報」から確認できる。
ガーデンテラスとサウスゾーンの場外2エリアは、チケットを持っていない人も利用可能。特に新設のサウスゾーンは動線から外れていることもあり、担当の内田佑介さん(33)は「各店の行列が短めで、穴場かもしれません」と明かす。
12日の柏戦からは、山雅とグルウィンのロゴを染め抜いた緑のバンダナを製作し、各店のスタッフに身に着けてもらっている。普段はそれぞれ別の店ではあるが、チームスローガンと同じ「ワンソウル」でおもてなしをし、みんなで日本一のスタジアムをつくろう-との思いからだ。
山賊焼きなどご当地メニューを中心に、アウェーサポーターにも好評という。内田さんは「店も増え、きっと新しい発見があるはず。各店の個性を楽しんでほしい」と話す。
(長岩将弘)