若手の大きな糧に―松田直樹さんの追悼試合

130808yamp山雅在籍中の2011年8月、急性心筋梗塞で倒れ同4日に亡くなった松田直樹さんの三回忌に合わせ2日、アルウィンでメモリアルイベントとして追悼試合が行われた。トップチームの若手とユース(U―18)選手でつくる「山雅U―23」が、松田さんと親交のあった元選手らによる「ナオキフレンズ」と対戦。0―1で敗れたものの、6343人の観客の声援を受け、かつての名選手らに食らいついた経験は、若手選手たちにとって大きな糧となったようだ。
トップチームからの6人は、岩渕と蔵田以外、リーグ戦の出場経験はない。創造学園高(松本市)卒のDF宮下も、その1人だ。
3バックの左でフル出場。中山雅史、清水範久らFW陣と渡り合い、後半は機を見て攻め上る場面もあった。
宮下は「たくさんのお客さんの前でプレーできて楽しかったし、憧れの選手たちと対戦できて光栄」という一方、「技術も運動量も、まだまだだと思い知らされた」と、悔しさをにじませた。
「努力している者にはチャンスを与えたい」と反町監督が送り出した選手たちだ。ナオキフレンズの指揮を執った水沼貴史は「みんな相当なモチベーションで来ると思っていたし、実際に、出場を勝ち取った必死さを感じた」と印象を語り、ゲーム主将を務めた中山は「情熱を持って、その時やれることを精いっぱいやり続けて」と、エールを送る。
「高校時代はアルウィンに立つことが夢であり、目標だった。今はアルウィンに立った時、何をするかだと思う」。プロとして初めて立ったアルウィンのピッチで、宮下は一層の努力を誓った。
U―18からは総勢14人が出場した。
後半28分、相手FW安永聡太郎のPKを止めたのは、GKの原将太(16、南安曇農業高校2年)。
「安永さんがボールを置く時に右を見たので、思い切って右に飛んだ」。スペインリーグでもプレーした元Jリーガーとの心理戦を制しピンチを防ぐと、会場は大歓声に包まれた。
しかし、直後にセットプレーから失点。「ボールをはじくのではなく、受け止めようとしてしまった。練習で注意される悪い癖が出た」と悔やんだ。
勝負の厳しさと、大声援の中でプレーする楽しさを味わった特別な試合を終え、「プロになりアルウィンに立ちたい」と決意を新たにした。
(長岩将弘、倉科美春)