総合力で今季初4連勝 J2第33節・群馬に3-0

170919yamp

取りこぼしは許されない最下位の群馬との一戦。ここまで全試合に出場してきた守備の要の2人を欠き「即席ともいえる3バック」(反町監督)となったが、8試合ぶりの無失点勝ちで今季初の4連勝。攻撃も途中出場の2選手が得点し、チームの総合力を示した山雅はプレーオフ進出圏内で4位に浮上した。
橋内のけがで後藤が15試合ぶりに先発したのに加え、相手と接触して顔面を強打した飯田が前半32分に退き、最終ラインは急きょ安川が左に入り中央に後藤、右が當間に。
「ウォーミングアップはわずか。CBをやる機会も少なく、がたがたしたが、3人で声を掛け合うことを意識した」と安川。
反町監督は「無失点で終えられる状況ではなかった」とし、急場をしのいだ3バックを「100点ではないが、安定感があった」と評価。チーム内の意思統一が図れていることが要因とし、「今日の勝ちは大きい」とうなずいた。
その安川が得点したのに加え、後半途中から出場の石原も負傷した25節(7月29日)以来のゴール。復帰3戦目で最長の20分余りピッチを駆け、回復を印象づけた。指揮官は「途中出場の選手が点を取るのは珍しい。チーム内の競争が激しくなっている」と、攻撃面でも総合力に手応えを得ていた。
ただ、田中は「今は自分たちのサッカーができているが、順位はまだ下」と自戒。好セーブを見せた村山も「それだけ決定機をつくられているということ。修正すべき部分がある」とし、「自分たちより上のチームがいることを忘れず、謙虚に、ひたむきに、泥臭くやっていかなくては」と表情を引き締めた。

J2は16、17日、33節の9試合を行った。5位の山雅はザスパクサツ群馬とアルウィンで対戦し、3-0で勝った。
前半は互いに攻め合い、山雅は41分にミドルシュートを決められたかに見えたが、オフサイドの判定。その2分後、田中の右クロスに高崎が頭で合わせて先制し、後半3分にも左CKの流れから安川がこぼれ球を蹴り込み加点。
選手の並びを変えた相手の反撃を体を張ったプレーや村山の好守でしのぎ、終了間際に石原がミドルシュートを決めてダメ押しした。
次節は23、24日。山雅はJ1ヴィッセル神戸と対戦する天皇杯4回戦(20日午後7時開始・アルウィン)を挟んで24日、21位レノファ山口FCとアルウィンで対戦する。午後2時開始。今季は21節に敵地で対戦し、2-1で勝っている。

【選手コメント】
9番・高崎(今季15得点目の先制ゴール) よいボールが来たので逆サイドにたたきつけるだけだった。他の好機も決めたかったが、流れを引き寄せられたと思う。
やるべきことの徹底やハードワークにより、攻撃の形はできている。最後の精度を上げられれば、もっとよくなる。目指すは優勝。シーズン前半に取りこぼした分は、自分たちで取り返すしかない。残り9試合、今日のような戦い方で全勝しなくては。
20番・石原 選手層が厚くなり、アピールしなければと感じている。短い時間でも印象を残そうと思っていた。チームはとてもよい雰囲気。修正すべき点は練習中に直すよう努めている。よい形で試合に臨めていることが、最近の結果につながっている。
29番・下川(大学リーグ再開のため今節でチームを離脱) 公式戦で使ってもらい、走力や攻守の切り替えといった部分で成長できた。(山雅で)J1を目指してプレーしてきた。目標を達成してほしいし、来季はワンランク上の舞台で皆と一緒に戦いたい。
(長岩将弘、大山博)