熱い思い「3」背負い MF田中・故郷で存在感

J1名古屋グランパスから今季新加入した松本市出身の田中。切れのある力強いプレーで、両サイドから何度もチャンスをつくり、初のホーム、アルウィンで存在感を示した。
女鳥羽中学を卒業後、古里を離れたため、プロになってから松本で公式戦に出場するのは、これが初めて。試合後、「自分が生まれ育った町で多くのサポーターやファンに囲まれながらサッカーができることは幸せ」と喜びながらも、「勝ち点3を取れなかったことは非常に残念」と悔しさをにじませた。
「山雅らしい辛抱強い試合ができたが、チャンスを得点に結び付けられなかったのは俺の課題」と分析。「ゴールを決めなければ結局、勝ち点3は得られない。守っているだけではだめだし、攻めるだけでもだめだ」とあくまで勝ち点にこだわる。
初めてアルウィンのピッチに立ち、自身の応援歌を聞いて「こみ上げてくるものがあった。ただ、個人的な感情よりもチームが勝つことが何よりも第一」と熱くも冷静沈着だ。
背番号3は、元日本代表DFで山雅在籍中に亡くなった松田直樹さんの番号。「いろんな人の思いを背負って山雅でプレーする覚悟を決めた。『3』に見合ったプレーをしたい。自分がどうこうよりもチームが勝つために自分が何をすべきか、もっと突き詰めたい」。豊富な経験を武器に、常に高い目標と向上心でチームをけん引する。