波田中3年 合唱を卒業記念のDVDに

松本市波田中学校の3年生(5クラス、165人)は、これまでクラスの絆を育んできた合唱を卒業記念としてDVDに残そうと準備している。同校は、秋の文化祭で行う合唱コンクールに力を入れているが、仕事などで見に来られない保護者も多いことから企画。10月31日、収録のための記念合唱会をまつもと市民芸術館で開いた。合唱コンクールでは毎年、1~3年生がクラス対抗の優勝を目指して泣き笑いのドラマを繰り広げており、学年主任の上條郁男教諭(60)が「子どもたちの精いっぱい歌う姿を記録に残し、保護者にも見てもらおう」とDVD化を計画した。
記念合唱会は「はた・メモリアルステージ」と銘打って開催。クラスごとの発表のほか、2年生の時に3年生を送る会で歌った「YELL」、昨年度の卒業式に学年合唱した「リフレイン」など全10曲を主ホールの大舞台で歌い、美しいハーモニーを響かせた。DVDは卒業式までに生徒に贈る計画。
クラス合唱では、生徒代表が、合唱を通じて築いた仲間との絆や思い出も発表した。
「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ」をクラス合唱した2組の近藤由英さん(15)は「クラスがまとまらず、最初は最悪の雰囲気だった。けれど何度も何度も歌い続け、最後は団結できた。この歌をこのクラスで歌えたことに感謝したい」と力強く語った。
学年合唱で伴奏を務めた1組の山田結生さん(15)は「最後にまたみんなと合唱できたことは一生の思い出。大人になって、何かつらいことがあった時にでもDVDを見てみたい」と感慨深げだ。
上條教諭は「波田で出会い、育った仲間たち。卒業しても故郷を忘れず、合唱を心の支えにしてもらえたらうれしい」と願っていた。
(高山佳晃)