氷河の大地に現れた涸沢“光の国”(北アルプス穂高連峰・涸沢)

160820sikip「山の日」を盛り上げるイベントで出現した涸沢の夜景。ステージの照明に霧が流れ、幻想的な何かを暗示するかのような光景が浮かび上がった=7月29日午後8時32分、ニコンD3S、ニコンEDニッコールAFVR80~400ミリ

盛夏を迎えた北アルプス穂高連峰の氷河の大地・涸沢カール。7月29日、テント場の夜景は、今まで見たことのない衝撃的な感動の光景だった。
宇宙の未来都市“光の国”を連想させるように映った。この光景をつくり出したのは、「2016 ヤマケイ カラサワ フェスティバル」(山と渓谷社主催)。
上部に太陽のように輝くのは、涸沢ヒュッテの特設ステージの照明。突然、テント場の上空低く這(は)うように通り過ぎる霧の一団が、ステージの照明を浴びて幻想的な光の輪を浮かび上がらせ空想の世界へ誘う。
光の輪が、宇宙の未来都市のメイン基地。点在するテントの明かり一つ一つが未来都市…。メイン基地と未来都市は、光の道でつながっている。SF映画や夢の宇宙旅行へと思いが広がる。
一方、この光景は「母なる大地・涸沢」を象徴する構図でもある。テント場の夜景は、お母さんの胎盤。輝く光の輪を胎児に見立てると、まぶしく輝く光の道のへその緒でしっかりと結ばれている。
輝く光の輪の中では約300人の登山者が参加し、百名山一筆書き踏破の田中陽希さんのトークが行われている。「山の日」元年の「カラサワ フェス」の夜景に、新しい山の命の鼓動が重なり伝わってきた。
(丸山祥司)