桜の古木と星空が演じる「時空の舞」(松本市梓川梓北北条)

170504sikip古木を通り過ぎていった400年の春。満天の星空のステージで、一本桜が幽玄神秘な舞を繰り広げる=ニコンD3S、AFニッコール16㍉、ストロボ、35分間露光 

松本市梓川梓北北条にある満開のしだれ桜。古木と星空が演ずる幽玄神秘な“時空の舞”の撮影に挑んだ。
4月19日午後11時。リンゴ畑に囲まれた個人墓地にある一本桜の古木の前に立つ。目通りの幹周りは、5・7メートル。威厳ある巨木の風格に幽玄さを漂わせ迫ってくる。樹齢は不明だが、桜の研究で知られる久保田秀夫さん(1913~2002年、松本市出身)によると推定樹齢は、400年近いという。
久保田さんは1945(昭和20)年、塩尻市片丘の地名がついた「カタオカザクラ」を発見。このころ、記者の自宅に下宿していた縁もあり、生前は桜を巡って話が弾んだものだった。
さらに大きく咲き誇っていた往時の姿は容易に想像できるが、落雷に遭い、幹の上部や横に張った何本もの太い枝を失った。しかし、懸命に命をつなぎとめ生きている。この木に抱かれると、命の尊さや強い生命力が伝わってくる。
桜花を揺らし通り過ぎていった400年の春。静かに語り始める古木に、何世代もの人生が重なる。心を揺さぶられつつ、星空を見上げた。
北斗七星のひしゃくの柄から一等星のアルクトゥルス、スピカと伸びる「春の大曲線」が美しい。430光年かなたの北極星ポラリスを中心に回る星空に人は輪廻(りんね)を願う。薄明までこの桜花の古木に寄り添った。
(丸山祥司)