新体制発表会 「新・起動」スローガンに

160126yamp

サッカーJ2松本山雅FCは1月24日、松本市のまつもと市民芸術館で新体制発表会を開いた。反町康治監督や新加入9選手を含む28選手、指導陣らが勢ぞろいし、ファンやサポーター1500人余と対面。意気込みを語り、約1カ月後に迫った開幕へ気勢を上げた。
神田文之社長が、今季のスローガン「One Soul~新・起動~」を発表。「昨年でクラブは発足50年。今年はさらなる未来に向け、あらゆることを『新・起動』させる元年と位置付けたい」と説明した。
反町康治監督は「昨季の悔しさを胸に奮起し、ぜひともJ1への切符をゲットしたい」とあいさつ。
「新しい仲間やスタッフとともに、新たなチャレンジを結果に結びつけられるよう、情熱を持って最後まで諦めず戦う」(田中隼磨選手)、「持ち味のキックで決定的な仕事ができるよう頑張る」(宮阪政樹選手)など、選手らが一人ずつ思いを語った。
家族4人で訪れた小松誠さん(42、同市蟻ケ崎)は「サポーターもスローガン通り、あらためてやってやるという雰囲気に満ちていた」。長男の海斗君(10、開智小4)は新加入選手について「高さのある選手が多く、攻守で活躍してくれそう」と期待。「ぜひリーグ優勝を」と願っていた。
(長岩将弘)