攻撃不発も今後に手応え J2第1節 横浜FCと0-0

今季のサッカーJ2は25日に開幕し、松本山雅FCは横浜FCと横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で対戦して0-0で引き分けた。駆け付けた約5000人の山雅ファン・サポーターは勝利を喜ぶことはできなかったが、J1再昇格に向け、戦力の厚みが増したチームに期待を高めた。
山雅は先発11選手のうち今季の新加入が6人と、昨季とメンバーが大幅に入れ替わった。前後半を通じて放った計10本のシュートは得点に結び付かなかったが、守備は体を張って無失点。寒さに震えながら大声援を送ったサポーターは試合後、「これからだ」と選手を激励した。
観戦した藤原大輔さん(22、松本市笹部)は「昨季よりスピードやパスの精度が上がり、わくわくした。試合内容はとても良かった」と笑顔。髙橋ひろみさん(24、安曇野市穂高)は「新加入や復帰した選手がいい動きをしていた。ポジション争いが激しくなれば、もっと強くなる」と期待した。

昨季開幕戦で敗れた相手にリベンジとはならなかったが、3シーズンぶりに初戦で勝ち点を得た山雅。反町監督は「難しい試合だったし、まだまだ足りない部分もあるが、開幕戦としては上々」と総括。大きく顔ぶれを変えた選手たちからも、一定の手応えが聞かれた。
この試合、ピッチに立った13人のうち7人が、新加入か期限付き移籍からの復帰。現時点でのチームの完成度について反町監督は「1カ月半ほどの準備で100%とは言えない部分も正直ある」とし、「破壊力がある相手FW(イバ)にも最後までよく対応できた。攻撃面は最後の精度が足りないが、次第に良くなっていくだろう」と前向きに捉えた。
在籍2年目で初めてゲーム主将を務めた橋内も、「チームの完成度は60~70%くらい」とする一方、「皆で『これをやって、こういう形に向かう』という共通理解が昨年より進んでいる。それが、これから試合を重ねる中で良くなるという予感につながっている」と言う。
次節(3月3日)は敵地で新潟と対戦。J1で14年間戦い続けてきた強敵との対戦で、早速チームの真価が問われる。

山雅は前半立ち上がりこそ前田直らがゴールに迫ったが、高崎と永井の新2トップは試合を通じてシュートゼロと不発。徐々に相手に押し返されて守勢に回った。
後半も、イバを中心とした相手の攻撃に押されたが、GK守田らの好守で無失点。25分、スピードがある前田大を投入し前線を活性化させたが、ロスタイムのCKに合わせた飯田のヘディングはゴールポストをたたき、得点できなかった。

【1】守田
弾く、取るの判断など積極性を出せた。0点に抑えられたがそれで良しではなく、見えた課題もしっかりつぶしていかなくては。
【2】浦田
個人的にもまだまだな部分が多かったが、勝ち点1を前向きに捉えたい。昨季のJ2得点王(イバ)がいる相手でも、粘り強い守備ができるのがチームの強み。これを勝ちにつなげたい。
【4】飯田
展開は良くも悪くもなかった。自分たちのボールの動かし方ができず、後半はオープンな展開になってしまった。
【7】前田大
出たら何かしてやろうとベンチで見ていた。前線の選手がゴールへの意識をもっと出していかなくては。チームも個人も、相手の背後への動きを増やしたい。
【9】高崎
2トップでボールを収められず、失うことも多かったのは課題。ただ、勝ち点1を取れたのは次につながる。去年と違い、守備陣は良いパフォーマンスを出せていた。あとは攻撃陣がしっかりやっていきたい。
【14】パウリーニョ
開幕戦は独特の緊張感があるが、もっと落ち着いてもよかった。チームはこれから良くなる。サイドからの崩しも何回か良い形があった。それをもっとやっていくことが必要。
【25】前田
直開幕戦でピリピリした試合。ファールを取ってもらえずイライラし、自分のプレーができなかったのは未熟な部分。そこで相手を剥がせれば、もっと好機をつくれた。
【29】下川
コンディションは悪くなかったが、イバに相手ボールが収まり、セカンドボールもほとんど拾われ、攻撃面での持ち味を出し切れなかったのは課題。最後の精度などもっと突き詰めていかないと得点できないと痛感した。
【38】永井
納得がいく内容ではなかったが、まだ初戦。勝ち点1をプラスに捉え、これから良くしていければいい。攻撃に厚みがなく、単調でもあった。シュートがなければ得点はない。それ以前にボールを収めることができず、FWとして責任を感じている。
(長岩将弘、大山博)