山雅J1に挑む 7日開幕戦は敵地で名古屋と

150228yamp今季のプロサッカーJリーグは、3月7、8日に1部(J1)、8日に2部(J2)が開幕する。昨季J2で2位となり、県内のクラブで初めてJ1で戦う松本山雅FCは7日、名古屋グランパスと敵地で初戦を迎える。チームが掲げる目標は「トップ15」。最後まで全力で走り抜く山雅スタイルを貫き、残留「以上」を目指して、日本最高峰のリーグに挑む。
指揮を執るのは4季目の反町康治監督。昨季から残る選手に新加入の15人が加わり、計32人で開幕を迎える。
チームは1月21日に始動。同27日から静岡県御殿場市、静岡市、鹿児島市で、計3次にわたるキャンプを行った。
3月1日にはJ2栃木と敵地でプレシーズンマッチ。その後オフを挟んで県外で事実上の第4次キャンプをし、そのまま開幕戦に臨む見通しだ。
開幕戦でぶつかる名古屋は一昨年11位、昨年10位と、2季連続で2桁順位に沈んだ。
が、今季は主力が残留。DF田中マルクス闘莉王、GK楢﨑ベテランは健在で、自己最多のリーグ12得点を挙げたFW永井をはじめ、DF本多、牟田ら若手の成長も著しい。玉田、ケネディのストライカー2人が去ったものの、清水でリーグ13得点のFWノバコビッチが加わり、戦力は充実している。
Jリーグ創設当初から参戦し、過去1度も降格していない名門クラブを相手に、どこまで戦えるか。開幕から見逃せない一戦だ。

21日は横浜市の日産スタジアムで、横浜F・マリノスとプレシーズンマッチを行い、1-0で勝った。非公式戦とはいえ、8916人の観客が見守った今季初のJ1クラブとの実戦。開幕を2週間後に控えたチームの仕上がり具合に、指揮官や選手はかなりの手応えを得たようだ。
山雅の先発は那須川に代わって岩沼が出場した以外、J2C大阪との練習試合(17日)と同じで、現時点の主力。横浜も、けがのMF中村とFW伊藤を除き、ほぼベストメンバーが顔をそろえた。
山雅は前半こそ守勢にまわる時間帯があったものの、後半は押し返して拮抗(きっこう)した展開に。ロスタイムには後半38分から出場した鐡戸が、荒田のシュートのこぼれ球を蹴り込んで、勝負を決めた。
反町監督は「踏ん張って踏ん張って、うっちゃった-というより、向こうがつまずいて転んだような試合」と相手ミスにも救われたことを指摘しつつ、「必死の頑張りがそういう成果を呼び込んだ」と選手を評価した。
途中交代も合わせて新加入7人がピッチに立ち、戦力の融合について「悪くない。昨年に比べると隙もないし、クオリティーも上がっている」と指揮官。
後藤、酒井と3バックを構成し、ゲーム主将を務めた飯田も「(後藤)圭太も(酒井)隆介も僕らのスタイルになじんできているし、やってきたことが間違いないと思えたはず。ここまで基礎はできているので、あとは応用」と手応えを語った。
一方で、攻撃面に関し監督は「具体性のある練習はしていなかったが、思ったよりも連携してできていた。もうちょっとだな」。
実戦で明らかになった課題の修正と、攻撃面のさらなる深化が、開幕までの大きなテーマだ。

観客のうち、山雅側は約1600人。首都圏在住のファンらも多く訪れ、強豪と堂々と渡り合う選手たちに声援を送った。
松本市に実家がある加々島雄治さん(東京都板橋区)は、J2初年だった12年シーズンにアルウィンで観戦したことがきっかけで、山雅ファンに。
以来、関東地方で行われるほとんどのアウェー試合に駆けつけ、「山雅らしい粘りのゲームで感動した。楽ではないリーグ戦が待っていると思うが、今日のように頑張ってほしい」と期待した。
相模原市から家族4人で訪れた塩谷信幸さんは、05-08年に仕事で松本市に住み、ファンになった。
山雅がJFLだった11年12月、横浜に0-4で敗れた天皇杯4回戦(富山市)も観戦しており、「あの時は大きな力の差があったけれど、今日はチームが成長し、強くなっていることを感じた。(当時も出場した)鐡戸選手が最後に押し込んでくれたのがよかった」と顔をほころばせた。
(長岩将弘)