子ども向けサッカースクール安曇野校を開校

山雅ユースアカデミー(育成組織)は5月13日夜、安曇野市の穂高牧運動場で、子ども向けサッカースクールの安曇野校を開校した。松本校、諏訪校に続く3校目で、初日までに未就学児-小学6年生の計50人ほどが登録。同日は3クラスで計30人余が参加し、天然芝の上で基礎的な技術を楽しみながら学んだ。
09、10年に山雅でFWとして活躍した小林陽介さん(31)ら、ユースアカデミーのスタッフ3人が指導した。
小学2、3年生のクラスは、椅子取りゲームの要領で敏しょう性を高めるなど、ゲーム感覚を取り入れた練習も。仕上げは4チームに分かれ、指導陣も交えたミニゲームをした。
穂高北小3年の市川瑠生君(8)は「点も取れたので、ミニゲームが楽しかった。うまくなってもっと(点を)決めたい」。小林さんは「サッカーの技術や面白さだけでなく、あいさつ、礼儀なども含めた『人育て』をしていきたい」と話した。
原則的に同運動場で週2回(火、木曜)実施。問い合わせ、申し込みはユースアカデミー電話88・5523