収穫と課題と 京都に1―1  (2013年7月18日号より)

yamagapJ2は14日、各地で24節の11試合を行った。11位の山雅は4位の京都とアルウィンで対戦し、1-1で引き分けた。J2屈指の強豪から勝ち点1をもぎ取り、いまだ後半戦は無敗だが、昨季からリーグ戦3戦では負けなし、無失点だった相手に初失点。チャンスをつくりながら勝ちきれなかったのも確かだ。し烈さを増す中位集団を抜け出すために、もう一皮むけたい。
試合終了を告げる笛が鳴ると、山雅の選手たちはその場にうずくまったり、ピッチに座り込んで頭をたれたり。
幾度も攻め込まれ、自軍の2倍の18本のシュートを打たれながら2点目を許さず、「守りきった」という安堵(あんど)もあっただろう。だが、自らもかがみ込んでいた多々良は「一番大きいのは悔しさ。勝ちたかったし、勝てるチャンスはあった」と明かす。
山雅はホドリゴカベッサと船山を2トップに配し、岩沼をアンカーとした3ボランチのフォーメーション。
京都は3トップを採用した21節以降、3試合で9点を挙げている。パスでつないでは激しい攻撃で押してくることを見越し、中盤を厚めにして挑んだ。
前半をしのぎきった後半3分、犬飼がクリアし損ねたボールを拾われ、痛恨の失点。だがその4分後、右CKを飯田が頭でたたき込み、同点に追い付く。
失点後の早い時間に試合を振り出しに戻した山雅は、運動量の落ちてきた京都に対してその後も走り続けたが、勝ち越し点は奪えなかった。
反町監督は、ホドリゴカベッサや犬飼といったフレッシュな戦力がチームにプラスになっているとし、「(3連敗した前半戦終盤に比べて)さほど良くなっているわけではないが、今回は最後まで相手に対応しきれた。一歩成長できたゲーム」と締めくくった。
山雅は9勝6分け9敗とし、11位のまま。10-12位が勝ち点で並び、7-15位の9チームが勝ち点差4以内にひしめく。
「(京都に押し込まれた)前半はもっとうまくできたはず。この先、強い相手にどうやって勝つかがいっそう課題になる」と多々良が漏らしたように、どう混戦を抜け出していくか。
次節は20日、ホームに13位の札幌を迎える。
(長岩将弘)