再生-地域を見つめて

松本の象徴、国宝・松本城。周辺の歴史的な町並みに、ブルーシートで覆われた場所や試掘調査が目立つようになった。「城下町松本の再生」をコンセプトに、周辺では外堀復元や道路整備、市立博物館の移転などの再生計画が相次いでいる。
今年は戌(いぬ)年。犬と人間は古くから、身近な存在として暮らしてきた。
松本市宮渕2の太田良夫(たかお)さん(58)は税理士の仕事の傍ら、アイリッシュウルフハウンドの雄ダルファー(7)、雌ななこ(10)とともに城周辺の散歩を欠かさない。慣れ親しんだ街はどう変貌していくのか。愛犬とともに城近くにある松本信用金庫本店(丸の内)の屋上に登り、変わりつつある街に思いをはせた。