元選手の神田文之さん社長に 15年2月1日就任

141218yampサッカー松本山雅FCの運営会社・松本山雅(松本市鎌田2)は17日、元山雅選手で同社取締役管理本部長の神田文之さん(37)が2015年2月1日付で新社長に就任すると発表した。10年に会社を設立して以来、初の常勤社長が誕生する。
神田さんは山梨県出身で、00年にJ2ヴァンフォーレ甲府に所属。05年9月-06年2月、当時北信越リーグ2部だった山雅に在籍し、中盤の選手として2部優勝に貢献した。現役引退後は東京都内の不動産会社に勤め、12年4月に山雅へ入社。13年に総務部長、14年4月から取締役管理本部長を務める。
神田さんは「社員が一体となる仕組みをつくり、トップチームと同様、会社を成長させていく。地域にどう貢献できるかを常に考え、発信するクラブにしていく」と話した。
他の役員も併せて発表。加藤善之常務取締役GM兼チーム統括本部長と上條友也取締役事業本部長が、それぞれ現職務兼任で、副社長に就任。大月弘士現社長は代表取締役会長に就く。