ホーム開幕戦目前 来場者増狙い「ファンダフルアルウィン」

170316yamp今季ホーム開幕戦が19日に迫った。クラブは今季、いっそうの来場者増を狙い「ファンダフルアルウィン」と題した一連のキャンペーンに取り組む。また、苦情が多かった先行入場時の不正や、過剰な席取りへの対策を打ち出した。昨季は1試合平均1万3631人が来場。「誰もが楽しく快適に過ごせるアルウィン」を目指す。

「ファンダフルアルウィン」は、新規来場者を主なターゲットにした昨季の「キテミテアルウィン」の強化版。好評だったイベントを継続し、新たな取り組みも。その一つが企画チケットの増加だ。
バックスタンド側ピッチ上に選手目線で観戦できる「エキサイティングピッチシート」(大人4500円、高校生以下2000円)を導入。昨季終盤に試験的に100席を設けたところ好評で、今季は540席を常設する。
昨季設けた、割安に観戦できるグループシートも種類を増やした。「ファミリーシート」(小学生以下を1人以上含む5人で1万1000円)は、昨夏の「信州・まつもと大歌舞伎」とコラボレーションした「スペシャル桟敷席」を定番化。通常の座席ではなく、幅約4・5メートルのスペースに敷物を敷き、幼児がいてもゆったり観戦できる。
当日の飲食ブースで使える割引券をセットした、グルメ券付きグループシート(4人で1万2000円)も。
昨季に続き、シャトルバス乗り場に近い信州スカイパーク12号広場を「ファンパーク」と銘打ち、10試合ほどで家族連れ向けのイベントを催す。
クラブの推計で昨季のファンパーク来場者は1試合当たり約3000人。訪れた人には好評だった一方、認知度アップや誘導が今季の課題だ。
昨季は遅めに来場した人にもワクワク感を持ってもらおうと、1万人目の入場者に景品を贈った。今季は「『1』にこだわる」という反町監督の目標への後押しを込め、1万1111人目にプレゼントを用意する。

クラブは今季から、シーズンパス保持者が対象の先行入場のルールを変更する。
これまで試合当日に行っていた入場順の抽選会を、インターネットでの事前(試合3日前まで)申し込み制に。クラブ公式サイト内の専用フォームから申し込み、受け付け完了メールを受け取る。当日は専用端末にパスをかざすと、抽選で割り振られた入場順の番号が発行される。
1~200番には、一つの番号につき4人まで同時に入場できる整理券を配り、入場時に人数を確認。それ以上の人数による割り込みを防ぐ。
ネット環境がないなど事前申し込みが難しい人は、クラブに電話(88・5490)をすればスタッフが申し込みを代行。「喫茶山雅」でも代行を受け付ける。事前申し込みをしなかった場合、試合当日に予備待機列に並び、事前申込者に続いて入場する。
また、南側ゴール裏全域などホーム自由席の多くで、先行入場開始から15分間は荷物などを置いての離席を禁止に。荷物だけ置いてある席は係員が撤去するなどして、人数分以上の席取りを防ぐ。

クラブと松本市の並柳町会、並柳商工会は10日、クラブ事務所がある同地区で、ポスターなどを配り応援ムードを盛り上げる「緑化計画&クリーン作戦」を行った。
鐡戸裕史アンバサダー(34)らスタッフ4人を含む約15人が参加。2班に分かれて計50カ所ほどを訪ね、ポスターとポケットサイズの試合日程表を配ったほか、通り沿いに立てたのぼりの点検・補修やごみ拾いをした。
受け取った人たちは「今年も(試合を)見にいくよ」「今年こそ昇格を決めて」と激励。タイヤガーデンピットイン並柳店の宮田哲郎さん(22)は、自身もアルウィンで声援を送るファン。「山雅は接客時の話題に。足元から気運を盛り上げ、J1昇格を後押ししたい」
鐡戸アンバサダーは「改めて地域の人たちの思いが感じられ、ありがたい」と話した。
(長岩将弘)