ストライカーの責任 FW船山

後半ロスタイム。自ら放ってポストに弾かれ、ゴールラインの外に出そうになったボールに船山は素早く回り込んだ。ゴール前に送ったボールが飯田から喜山へ渡り決勝点に。船山の執念もまた、勝利を引き寄せた要因の一つだった。
昨季12得点を挙げたエースストライカーだが、今季は得点を影で支える動きも多い。「マークを振り切り1人で決められればいいが、まだそこまでの実力はない。周りを生かし得点につなげるのも大事な役割」と話す。
けがで欠場した神戸戦では、中盤から前線へボールを運ぶ船山の働きの重要性が浮き彫りになったが、「自分が出ても結果に差はなかった。個の力の差で負けた」と冷静だ。
また、本人はこうしたアシスト役をいとわない。「もともとストライカータイプではない。周りを生かし、自分でも決められるオールマイティープレーヤーを目指している」からだ。「ただ、自分にはストライカーである責任がある」とも話す。
山雅に来て3年。高い身体能力を生かした得点でチームを何度も勝利に導いてきた船山には、観客やチームからの期待が常に寄せられる。それに応えるため、J入り後に徹底的に磨いた走りは今や大きな武器だ。「良いプレーをしたとしてもすぐ次が来る。満足したことはない」。実力と努力の積み重ねでここまで来た。
今季が始まる前に立てた目標は「全てにおいて昨季を上回ること」。得点は現在10点。チームがプレーオフに進むためにも「必ずあと3点とる」と、強い気持ちを示す。
「勝たなきゃつまらない」。心にあるのはシンプルな思いだ。