「貧乏神送り」の行事で現れた神秘な現象(松本市入山辺厩所)

170225sikip松本市重要無形民俗文化財の「貧乏神送り」で焼き払われるわら馬の背後に“炎の神馬”が幽玄神秘な姿を現した=ニコンD3S、ニッコールED28-70ミリ

四季彩の図

燃えるわら馬の背後に“炎の神馬”が現れた-。
2月8日、松本市入山辺の厩所(まやどころ)地区で行われた「貧乏神送り」。26軒が寄り添うように暮らす山里で昔から連綿と受け継がれてきた事八日(ことようか)の伝統行事だ。
体長2メートル、高さ1・5メートルの大きなわら馬を作り、背にジジ、ババと呼ぶわら人形を乗せて貧乏神に見立てる。わら馬の周りで数珠を回しながら「南無阿弥陀仏…」と念仏を唱えた後、薄川の堤防に運んで焼き払い、安穏と無病息災を願う。
点火から約2分後、炎がわら馬を包む。燃え盛る火が風を呼び、炎が宙に踊り舞う。貧乏神が昇天する瞬間。撮影は終始、般若心経を唱えながら続けた。
わら人形のジジ、ババに火が付いた瞬間、カメラのファインダーの中で怪しげに揺れる大きな炎。“炎の神馬”だ。とっさにシャッターを切った。驚愕(きょうがく)の光景を目の当たりにし、ことばを失い、身も心も震えた。
口を開けた馬の顔がリアルだ。目、耳、たてがみも。背には「火」や「大」の文字にも見てとれるジジとババが乗り、尾を振り上げている。貧乏神が炎の神馬に乗り立ち去る神秘な場面。厄が払われた瞬間だ。「厩所の人たちはみんな守られている」。そんな安堵(あんど)の思いが伝わってきた。
(丸山祥司)