「山雅仕様」に自転車修理 安曇野の北村さん

安曇野市堀金の北村自動車工業の北村末男社長(72)が、処分依頼を受けて引き取った電動アシスト自転車を修理し「山雅仕様」でよみがえらせた。新品同様の姿で、エコにもなっていると話題だ。
引き取ったのは4月初め。10年ほど前の型で汚れてもいたが、動作に問題はなく「もったいない」と修理を決意。直すだけでなく、地域で盛り上がっている山雅をモチーフにしようと思い立った。
もともと機械いじりは好き。分解して丁寧にさびや汚れを取り、部品を磨き上げた。色は見栄えを重視し、社員の助けも借りてメタリックグリーンを調色。仕事の後などに少しずつ作業を進め、1カ月弱で完成させた。
健康づくりも兼ね、近くで用事がある際に乗る。まだアルウィンでの観戦経験はないといい、「ちょっと遠いけど、これで行ってみたいね」と笑う。